2006/07/07

糖尿病の主因は肥満:果物を含む習慣で予防

糖尿病には1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠糖尿病などの病型があり
ますが、日本では約90%が2型糖尿病です。最近、フィンランド
と日本で果物を含む食習慣が2型糖尿病の予防に有効であるとの研
究結果が発表されました。

 2型糖尿病は、身体がインスリン抵抗性を示すためインスリンの
働きが悪くなり、インスリンを多く必要とするのに必要量を分泌で
きないと発症します。過食、運動不足、肥満などが発症に関係して
いると考えられてきました。

 2型糖尿病発症の理由を解明するために、アメリカで18歳~79歳
の約31,000人を対象に1997年から2003年まで追跡調査が行われま
した(文献1)。その結果、7年間で2型糖尿病患者が千人当たり
1.9人から6.9人へと41%も増加していました。また、同時期に
肥満とされる人も千人当たりで14.2人から18.3人へと増加し、2型
糖尿病発症と関係していることが分かりました。一方、運動と2型
糖尿病との間にはこのような関係ははっきりしませんでした。その
ため研究者らは2型糖尿病の主要因は肥満であると結論づけています。

 2型糖尿病予防には、果物、野菜、カロテノイド、葉酸などの効果
が明らかとなっていますが、食品は単独で食べられることはないため、
予防のための食事パターン(食習慣)の解析が求められていました。

 フィンランドで1967-1972年に糖尿病に罹患していなかった男女
4,304人を対象に23年間の追跡調査が行われました(文献2)。調査
の結果、2つの主要な食事パターンが特定されました。果物と野菜
を多く摂取することが特徴的な「バランスのよい適度な」食事
パターンと、バター、じゃがいもなどの摂取で特徴づけられる
「伝統的な」食事パターン(欧米型食事)です。

 2型糖尿病の発症に対して、「バランスのよい適度な」食事パタ
ーンの人は、そうでない人と比べてリスクが28%低いことが分か
りました。このグループでは、果物(ベリー類を含む)を1日当
たり平均で209.9g摂取していることが分かりました。一方、「伝統
的な」食事パターンでは2型糖尿病発症率が増加していました。

 以上の結果から、研究者らは2型糖尿病予防には、果物と野菜を
多く摂取する栄養バランスのよい食習慣が有効であると結論づけています。

 日本ではどうでしょうか。日本人は、遺伝的に欧米人より糖尿病
になりやすいため、欧米のデータをそのまま適用することはできな
いとされてきました。そこで、九州大学と自衛隊病院とが共同し
て男性の自衛隊員2,106人を対象に2型糖尿病と食事パターンに
ついて調査を行いました(文献3)。

 調査から1)果物、野菜、乳製品、デンプンを多く摂取し、アル
コールの摂取量が少ない食事パターン(DFSA食事パターン)、
2)動物性食品の多い食事パターン(西洋型食事パターン)、3)
果物や乳製品の摂取量の少ない伝統的な日本型食事パターンの
三つの食事パターンが特定されました。

 食事パターンと2型糖尿病発症との関係について検討した結果、
果物などを多く摂取するDFSA食事パターンの食生活をしている
人は、そうでない人と比べて49%2型糖尿病の発症リスクが少な
いことが分かりました。この果物などを多く摂取するDFSA食事
パターンは、心臓病や脳卒中などの予防のためにアメリカで提唱
されているDASH摂取プランと類似の食事パターンであることも
分かりました。また、この結果は、果物を食べると2型糖尿病に
なるとの説は誤解であることも示しています。

 一方、他の二つの食事パターンではリスク減少効果は認められ
ませんでした。伝統的な日本型食事パターンに予防効果が認めら
れなかった理由として、日本人の果物摂取量と乳製品の消費量が
少ないためではないかと著者らは推測しています。

 以上の結果は、農林水産省や厚生労働省がまとめた「食事バラン
スガイド」や「毎日くだもの200グラム」などで提唱されている
果物を含む新日本型食習慣は、2型糖尿病予防に有効であることを示しています。

【文献】
1) Geiss, L.S. et al.: Changes in Incidence of Diabetes in U.S.
Adults, 1997-2003.
 Amer. J. Prev. Med. 30: 371-377. (2006)
[doi: 10.1016/j.amepre.2005.12.009]
2) Montonen, J. et al.: Dietary patterns and the incidence
of type 2 diabetes. Am. J.
 Epidemiol. 161: 219-227. (2005)
3) Mizoue, T. et al.: Dietary patterns and glucose tolerance a
bnormalities in Japanese
 men. J. Nutr. 136:1352-1358. (2006)
農水省HPより。

| | コメント (2)

2006/06/15

やっぱり野菜と果物って大事

丸元さんの記事はためになるのでいろんな本をよませてもらっています。

「ありふれた野菜・果物に抗がん力」

 いま強い抗がん作用が注目されて、世界中で多数の動物実験が行われているPCA(プロトカテキン)は、八百屋に並んでいる日常的な果物と野菜に含まれている栄養素である。
 ラットに肝臓がんを発症させる発がん物質を与えた実験では、PCAががんの発生を防ぎ、肝臓の細胞の損傷を顕著に抑えている。そして、発生してしまった腫瘍の数を減らしている。
 しかも、がんの発生初期だけでなく、進行段階でも同様の効果を示しているのだ。
 発がん物質の害を打ち消すだけの非常に強い力があるわけで、その他の多数の研究でも、ラットとハムスターの大腸がん、肝臓がん、膀胱(ぼうこう)がん、口腔がんを防いでいる。
 では、このPCAは、どんな果物と野菜に含まれているのかというと、ほとんどの果物と野菜に含まれている。だから、高価な果物や珍奇な野菜を求める必要はまったくない。ただ、ありふれた果物と野菜をたっぷり―とは、食べたいだけの量―食べていれば、十分にとれる栄養素なのである。

 問題は、たっぷり食べるという点だが、外食をしていると、なかなかそれができない。野菜は肉料理などにあしらわれているだけ、という店が多いからだ。
 しかし、料理の選択の仕方によっては、かなり野菜がとれる店もあるので、そういう店を多く知っているかどうかも、あなたの健康を左右することになる。
 むろん、PCAは果物と野菜に含まれている多数の栄養素のひとつに過ぎず、これ以外にも重要な働きをするものがたくさんあるのだから、食事に占める果物と野菜の量は、誇張ではなく健康を左右することになるのだ。
 現在では、世界中どこに行っても同じような果物と野菜が売られているが、それはさまざまな原産地のものが世界中に伝播(でんぱ)して、主要な農作物になった結果である。おそらく人類は、それが栄養的に重要な食品であることに気付き、主要な農作物にしていったのだ。
 そして、どこででも手に入るありふれたものになったのだが、ありふれた農作物にわれわれの健康を支える栄養が含まれていることを、科学が証明し始めている。

▼丸元淑生(まるもと・よしお) 1934年、大分県生まれ。東京大学文学部仏文科卒。作家、栄養学ジャーナリスト、料理研究家。

| | コメント (0)

2006/05/16

メロドラマやトークショー 高齢者の脳を鈍らせる?

面白い記事をみつけました!

=====

昼間、テレビのメロドラマやトークショーをよく見る高齢女性に認知障害が生じやすいことが分かった。
研究を行なった米ニューヨーク市立大学ブルックリンカレッジ行動科学助教授のジョシュア・フォーゲル博士によると、
明確な因果関係は不明なものの、この2種類の番組に何らかの意味があるのは間違いないという。

今回の研究でフォーゲル博士らは、メリーランド州ボルティモア在住の70~79歳の
健康な女性を対象とした1996年の研究データを検討した。
被験者はニュース、メロドラマ、コメディ、クイズなど14種類のテレビ番組の中から好みのものを選択し、
さらに記憶力、意思決定力などの認知的技能を評価するテストを受けた。

その結果、トークショーをよく見る女性には、長期的な記憶障害が7.3倍多くみられ、メロドラマをよく見る女性には、
注意力障害が13.5倍多くみられた。
テレビ番組が認知能力を改善することを示す証拠は認められなかった。
テレビによる小児への影響を研究する米ワシントン大学小児保健研究所フレドリック・ジンマーマン所長は、
この研究から「高齢者が頭を使わないようなテレビの見方をすると、認知力の低下に
つながることがわかる」と述べている。
テレビの見過ぎで、小児の学力および認知力の発達が妨げられることもわかっているという。

テレビにはストレスが緩和されるなどの利点もあるが、フォーゲル博士は、「医師は今回の結果を念頭に置く
必要があると考える。高齢女性がトークショーやメロドラマを好んで見ている場合、認知障害のサインである
可能性があり検査が必要」と述べている。

| | コメント (2)

2006/05/15

生体リズムをよくする食事のポイント

あまりの多忙さにすっかりお久しぶりですが(^^;
ゲンダイの記事より~

◇生活習慣病になりにくくなる◇

“生体リズムを整える食事法”が注目を集めている。簡単に健康度を上げ、病気対策に役立つというのだ。
 新潟県長岡市の立川メディカルセンター顧問で、生体リズムに詳しい田村康二医師が言う。
「生体リズムは、いまやがんなどの重大病の治療にも取り入れられるほど、医療の分野で注目されています。食事や水を飲んだり間食をしたりすることも、自分の生体リズムに合ったやり方をすると、生活習慣病などのリスクが下がり、免疫力も上がる。脳梗塞や心筋梗塞など重大病の発症予防にもなります。これは疫学調査などでも証明されています」
 そのポイントを、田村医師に聞いた。

●朝食はタンパク質中心に1000キロカロリーを取る 
 デスクワーク中心の40代サラリーマンの場合、1日の摂取カロリーの目安は2150キロカロリー。このうち半分、1000キロカロリー超分を、肉や魚、卵などタンパク質メーンの食事で朝に取るといいという。
「一般的に朝は炭水化物中心で600キロカロリーくらいがいい、といわれていますが、そうではないのです。炭水化物は2、3時間もすれば燃え切ってしまいます。しかしタンパク質はエネルギー源になり、4~5時間はもちます。朝は1日のスタートですし、AM7起きの人は昼食まで5時間はある。すぐにエネルギー切れしてしまわないように、タンパク質をたくさん取り、1日しっかり活動できるように総摂取カロリーの半分は朝で取るようにするのです」
 1000キロカロリーというと夕食に出てくるようなメニューを考えるといい。
「朝からそんなに食べられないという人は、朝と、ちょうどエネルギーが切れかけるAM10の2回に分けて1000キロカロリー分を取るといいでしょう」

●夕食は炭水化物中心で300~400キロカロリーに 
 朝食と同じで、デスクワーク中心の40代男性の摂取カロリーがこれ。
「夜は早めに摂取したものを燃やさなければならないので、炭水化物中心にして、1日の摂取カロリーから朝食のカロリーを引いた1000キロカロリー強のうち、3分の1程度にとどめておいた方がいい。炭水化物は血液中のカリウムを減らして脱力感と眠気をもたらすので、睡眠の質を高めます」
 めん類やご飯に野菜中心のおかずなどにしよう。

昼食に脂肪を取る
 昼は素うどんより天ぷらうどんだという。
「ホルモンや神経の働きを正常に保つのに、脂肪は不可欠です。夕食時まで活動するためには、体内で6時間以上燃える脂肪を昼食で取ること」
 豚しゃぶよりトンカツを、親子丼より天丼を。

●水をコップ3杯朝一番に飲む 
「起床後2時間以内は、心筋梗塞や脳梗塞を起こし突然死に至る人が多いのです。生体リズムの関係で、起床後は血圧が上昇し、心拍数が増加するのが理由です。水をたくさん飲んで血液の粘度を下げ、血栓をできにくくして、心筋梗塞や脳梗塞のリスクを下げるようにしてください」

●間食はAM10過ぎに
 この目的は「心身のエネルギー切れを防ぐ」だ。
「人間の生体リズムは平均して90分間隔でリズムを取っています。AM10は仕事を始めて90分ほど経ったころ、心身のエネルギーが低下しているころなので、休息を取り、脳のエネルギー源になる糖質を取るのです。抗酸化作用が強く、体内の“サビ”を防ぐチョコレートがお勧めです」
 以上の食事ポイントを実行すれば、病気知らずだ。

| | コメント (0)

2006/02/20

「オーガニック」というライフスタイル

ご存知のようで詳しいことはあまり知られていない「オーガニック」とはなんでしょう。
オーガニックの定義を抜粋しますと、

「オーガニックとは、ライフスタイルで、単なる農法のことだけを指すのではありません。これからも、孫もそのまた孫の世代もずっと健康で豊かに住み続けていくための生き方の選択です。

・・・農地に薬を撒きますとそれが染み込んで、やがて地下水にまで到達します。私たちは地下水をくみ上げて飲料・生活に使用しているわけですから、地下水が汚染されれば生きていけなくなるのです。今でも消毒して飲んでいるのだからそれでいい、という人がいたら、地球というのは密閉された容器と同じで、水は繰り返し循環していることをよく考えてください。汚せば汚すほど、次に巡ってくる水も汚れていく。きれいに戻すには、それだけ余分な時間もエネルギーもかかるのです。オーガニック農業という方法は、この、生きていくためにどうしても必要な水を守るためにも、ぜひ取組まなくてはならないことの1つなのです。

では、「オーガニック農業」とはなんでしょうか。

それは、まず植物に直接栄養を与えない。つまり大地の生命活動が作り出す栄養分を植物がきちんと吸い上げる。植物本来、土本来の姿で生産するということです。

それから危険な化学物質を用いない。危険な、というのをつけたのは農業といえども産業ですから、産業として成り立たなくてはなりません。自然農法といって、外からのものは一切持ち込まず、耕しもしないという農法がありますが、弥生時代から農耕を行うようになって以来、人間は耕し、その都度考えて油粕を入れるとか、いわしを肥料にするとかいろいろ考えて行ってきました。オーガニックはこれを全て否定するというわけではありません。危険な化学物質というのは、20世紀になって、今の化学農業のためにいろいろ生み出された物質で、それは使用しないということです。

そして遺伝子操作を行わないということです。遺伝子操作は抗ガン剤などで注目を浴びていますが、閉じた空間である研究室の中で行う分にはまだいいでしょう。ところが農地というのは広いのです。この広い農地において、こうした技術が使用されると将来どんな事態を招くかわからない、私たちが住めなくなるようになることもありうるのです。ですから、これを行わない。この3つを踏まえたのがオーガニック農業です。

つまりオーガニックというライフスタイルから登場したのがオーガニック農業なのです。」

日本ではまだまだオーガニックに対する意識は低いし、それに日本では未だ生産者と消費者との信頼関係はイマイチで、BSEや鳥インフルエンザの問題もあって、よい信頼関係を築けずにいるのが現状かと思いますが、

オーガニックはライフスタイルという切り口をコンセプトに、政策的にアピールすれば、たとえば科学肥料や農薬の使用は土壌、水、大気汚染の原因とものあるので、環境面からも環境省も一役あり、

オーガニック生産物は輸送、保管に厳重な管理を必要とするので国土交通省ももちろん農家も高い付加価値で消費者との信頼関係も築けることになり、農水省も、オーガニック生産物の流通で経済産業省も関わることとなり、

単に農水省の問題ではなく、政府全体で大きな後押しが絶対に必要なことと思います。

ぜひこの内容をごらんになったみなさまには、他人事ではなく、地球環境や私たち人間を守っていくために、日ごろから考えてほしいテーマです。

「オーガニックフェスタ」http://www.organicfesta.com/index.htmlが4月7日~9日に行われます。

ご興味ある方はぜひいってみてくださいませ。

本当にためになる本!!オススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)