2006/06/15

やっぱり野菜と果物って大事

丸元さんの記事はためになるのでいろんな本をよませてもらっています。

「ありふれた野菜・果物に抗がん力」

 いま強い抗がん作用が注目されて、世界中で多数の動物実験が行われているPCA(プロトカテキン)は、八百屋に並んでいる日常的な果物と野菜に含まれている栄養素である。
 ラットに肝臓がんを発症させる発がん物質を与えた実験では、PCAががんの発生を防ぎ、肝臓の細胞の損傷を顕著に抑えている。そして、発生してしまった腫瘍の数を減らしている。
 しかも、がんの発生初期だけでなく、進行段階でも同様の効果を示しているのだ。
 発がん物質の害を打ち消すだけの非常に強い力があるわけで、その他の多数の研究でも、ラットとハムスターの大腸がん、肝臓がん、膀胱(ぼうこう)がん、口腔がんを防いでいる。
 では、このPCAは、どんな果物と野菜に含まれているのかというと、ほとんどの果物と野菜に含まれている。だから、高価な果物や珍奇な野菜を求める必要はまったくない。ただ、ありふれた果物と野菜をたっぷり―とは、食べたいだけの量―食べていれば、十分にとれる栄養素なのである。

 問題は、たっぷり食べるという点だが、外食をしていると、なかなかそれができない。野菜は肉料理などにあしらわれているだけ、という店が多いからだ。
 しかし、料理の選択の仕方によっては、かなり野菜がとれる店もあるので、そういう店を多く知っているかどうかも、あなたの健康を左右することになる。
 むろん、PCAは果物と野菜に含まれている多数の栄養素のひとつに過ぎず、これ以外にも重要な働きをするものがたくさんあるのだから、食事に占める果物と野菜の量は、誇張ではなく健康を左右することになるのだ。
 現在では、世界中どこに行っても同じような果物と野菜が売られているが、それはさまざまな原産地のものが世界中に伝播(でんぱ)して、主要な農作物になった結果である。おそらく人類は、それが栄養的に重要な食品であることに気付き、主要な農作物にしていったのだ。
 そして、どこででも手に入るありふれたものになったのだが、ありふれた農作物にわれわれの健康を支える栄養が含まれていることを、科学が証明し始めている。

▼丸元淑生(まるもと・よしお) 1934年、大分県生まれ。東京大学文学部仏文科卒。作家、栄養学ジャーナリスト、料理研究家。

| | コメント (0)

2006/05/16

メロドラマやトークショー 高齢者の脳を鈍らせる?

面白い記事をみつけました!

=====

昼間、テレビのメロドラマやトークショーをよく見る高齢女性に認知障害が生じやすいことが分かった。
研究を行なった米ニューヨーク市立大学ブルックリンカレッジ行動科学助教授のジョシュア・フォーゲル博士によると、
明確な因果関係は不明なものの、この2種類の番組に何らかの意味があるのは間違いないという。

今回の研究でフォーゲル博士らは、メリーランド州ボルティモア在住の70~79歳の
健康な女性を対象とした1996年の研究データを検討した。
被験者はニュース、メロドラマ、コメディ、クイズなど14種類のテレビ番組の中から好みのものを選択し、
さらに記憶力、意思決定力などの認知的技能を評価するテストを受けた。

その結果、トークショーをよく見る女性には、長期的な記憶障害が7.3倍多くみられ、メロドラマをよく見る女性には、
注意力障害が13.5倍多くみられた。
テレビ番組が認知能力を改善することを示す証拠は認められなかった。
テレビによる小児への影響を研究する米ワシントン大学小児保健研究所フレドリック・ジンマーマン所長は、
この研究から「高齢者が頭を使わないようなテレビの見方をすると、認知力の低下に
つながることがわかる」と述べている。
テレビの見過ぎで、小児の学力および認知力の発達が妨げられることもわかっているという。

テレビにはストレスが緩和されるなどの利点もあるが、フォーゲル博士は、「医師は今回の結果を念頭に置く
必要があると考える。高齢女性がトークショーやメロドラマを好んで見ている場合、認知障害のサインである
可能性があり検査が必要」と述べている。

| | コメント (2)

2006/04/16

薬で泣きを見ないための必須知識&情報

ゲンダイの記事でぜひごらんいただきたいものがありましたのでご紹介いたします。
日本では薬剤消費量は日本一。それに伴って薬剤副作用による事故も世界一です。

・・・・・・・・・・・・・

★処方薬の副作用教えます
病院・医者からもらう処方薬の副作用で死亡する事故が後を絶たない。薬の副作用で健康被害を受けた人の3割は、退職や減収を強いられたという調査結果もあるだけに、副作用情報は頭に叩き込んでおきたい。
 ところが製薬会社でつくる「くすりの適正使用協議会」の調査によると、患者の7割が処方薬の副作用情報を知りたいと思いながら、実際に情報を受けたのは27%だけ。
 そこで薬剤師で「医薬情報研究所」医薬情報部門責任者の堀美智子氏に、多くのサラリーマンを悩ませる生活習慣病である高血圧、糖尿病、高脂血症の処方薬について注意点を聞いた。

●高血圧
 カルシウム拮抗薬やACE阻害薬、β遮断薬は、服用中に咳(せき)が出やすく、α遮断薬は鼻がつまりやすい。これを副作用と知らず、市販のかぜ薬などを飲むと危険だ。
「総合感冒薬や咳止めなどに含まれる交感神経刺激薬は、血圧をさらに上昇させる恐れがあります」
 β遮断薬には、胸焼けや食欲不振の副作用もある。
「一部の市販胃腸薬に含まれる胃酸の分泌を止める成分H2ブロッカーは、β遮断薬の作用を強めるため、血圧が下がり過ぎ、めまいやふらつきなどの副作用が出ることがあります。鼻炎薬や総合感冒薬、下痢止め、胃腸薬など一部の市販薬に含まれる抗コリン薬も同様です」
 高血圧患者はカリウムの摂取を勧められる。だが、カリウム保持性利尿薬やACE阻害薬の服用者は、高カリウム血症を引き起こす恐れがあり、避けた方が無難だ。
「『血圧が高めの方へ』をうたう特定保健用食品とACE阻害薬が組み合わさると、降圧作用が強く出て、血圧が下がり過ぎる場合があります」

●糖尿病
 糖尿病で血糖値を下げる処方薬を飲んでいる人が、高熱を抑えるため市販の解熱鎮痛剤のアスピリンを飲んだら冷や汗が出て動悸(どうき)が激しくなるということがある。
「アスピリン自身にも血糖値降下作用があり、処方薬との相互作用で、低血糖になることがあるのです」
 市販の総合感冒薬などに含まれる交感神経刺激薬は、逆に血糖値を上昇させる作用があり、処方薬と効果が反発して血糖値のコントロールが難しくなる。同様の理由でαグルコシダーゼ阻害薬を服用中の人は、総合胃腸薬や消化薬を併用してはいけない。
「高血圧か高脂血症を併発している糖尿病患者は、脳卒中や心筋梗塞のリスクが高く、予防の意味で前者はカルシウム拮抗薬、後者はアトルバスタチンカルシウム水和物を飲んでいるケースが多い。ところが、どちらも血糖値を上昇させやすいのです」
 服用中は定期的に血糖値のチェックを。

●高脂血症
 高脂血症治療薬は複数服用をしてはいけない。急激な腎機能の悪化を伴う横紋筋融解症を引き起こす恐れがある。中でもHMG―Coa還元酵素阻害薬とフィブラート系薬剤の併用はダメ。腎機能が低下している人は特に要注意だ。
「フィブラート系の処方薬の服用者が、抗凝固薬のワーファリンやスルフォニル尿素系血糖降下薬などを併用すると、併用薬の作用が増強しやすいので、これも気をつけましょう」
 うるさがられても、薬の副作用は必ず医者に確認することだ。

★市販薬 バカな飲み方危険な飲み方
 医者に行くほどではないが、ちょっと具合が悪いというときは市販薬だが、気をつけなければいけないことがある。市販薬は医者で処方される薬より成分量が少なく安全性は高いといっても、持病で服用している処方薬や食べ物との“危険な組み合わせ”には要注意だ。「間違うと危ないくすりののみ方」の共著者で、「メディサイエンスプランニング」代表取締役社長で医学博士の浦江明憲氏に聞いた。

●風邪薬
 マレイン酸クロルフェニラミンを含む抗ヒスタミン薬配合の風邪薬は、卵酒と一緒に飲むと強い眠気に襲われる。
「アルコールの作用が増強されるからです」
 主な市販薬は、「エスタックイブ」「コンタック総合感冒薬」「新ルルAカプセル」など。
 アセトアミノフェンを含む解熱鎮痛薬は、キャベツと一緒にとると効果が弱まる。
「キャベツに含まれる成分によって、肝臓でのアセトアミノフェンの代謝(無毒化)にかかわる酵素の働きが促進され、解熱鎮痛効果が低下します」
 主な市販薬は「新エスタック『W』」「改源」など。

●胃腸薬
 水酸化アルミニウムゲルや水酸化マグネシウムを含む消化性かいよう治療薬は、肉などの高タンパク食をとると薬効が弱まる。
「高タンパク食に含まれるリン酸と胃腸薬のアルミニウムが結びつくと、リン酸アルミニウムが形成され、胃酸を中和する力が弱まるのです」
 主な市販薬は「新三共胃腸薬」「大正胃腸薬Z」など。
 ラクトミンを含む乳酸菌製剤は、食前に飲むと胃酸にやられて効きめが低下する。
 主な市販薬は「パンシロンN10」「ビオフェルミン健胃消化薬錠」など。

●外皮用薬(張り薬・塗り薬)
 インドメタシンを含む消炎鎮痛薬は、アスピリンぜんそくのある人は使わない。
「アスピリンぜんそくを誘発する可能性があります」
 主な市販薬は「アンメルシンハップ」「エアーサロンパス インドメタシン1.0%」など。

●禁煙補助薬
 ニコチンを含むニコレットなど禁煙補助薬は、高血圧・糖尿病薬と併用すると逆効果だという。
「降圧剤のβ―遮断薬を使っている人は血圧降下作用が弱くなるし、糖尿病の人は血糖値が上がって血糖コントロールが難しくなります」
 手軽で便利な市販薬も、これらのことを知った上で使わないと、期待した効果が得られなかったり、危険な目に遭ったりすることを肝に銘じた方がいい。

| | コメント (0)

2006/04/06

大豆。

最近、肉は余分な脂肪が多いし酸化されやすいし、魚はどこでとれたのかわからないと安心して食べられないし、水銀やダイオキシンの汚染も気になるし・・ってことで、主な蛋白源は豆類からとっているワタクシであります。(もちろん豆類もどこからとってきたものかとか気になりますけど・・・)

すっかり食べるものを厳選し、外食を減らし朝は果物にして間食も果物にし、っていう非常にヘルシーな生活をしていたところ、おなかまわりの脂肪が・・・減った!今日この頃です。(今までがあまりに外食が多すぎたのかも・・・)

さて、非常に勉強になります、丸元さんの食の記事、今回は大豆とそのフラボノイドのイソフラボンについてです。
さぁ、大豆を食べよう~

・・・1日の必要量は豆腐で半丁、納豆なら1パック・・・

大豆に含まれている大豆特有のフラボノイド(抗酸化作用の強い植物成分)はイソフラボンと呼ばれている。
大豆食品を食べるとイソフラボンは胃からは吸収されずに腸内細菌によって植物ホルモンに転換されて、腸から吸収される。
大豆食品をよく食べてきた民族の場合は、その転換がスムーズに行われるので、食べると血液中のイソフラボン値がすぐに上がることが確認できるが、大豆食品を食べる習慣のなかった民族はあまり上がらない。
フィンランドの研究者によると、フィンランド人男性のイソフラボンの血中値は日本人男性の100分の1である。
吸収されたイソフラボンのホルモンとしての活性は弱く、薬品のエストラゲン剤の数百分の1から1万分の1でしかないが、それはマイナスではなく実は大きなプラスである。薬品のような副作用がなく、前立腺ガンや乳ガンなどのホルモン依存性のガンのリスクを下げるのだ。
ではどのくらい大豆食品を食べていればいいのかというと、かつて長寿世界一といわれた沖縄県民が伝統的に食べていた量と考えられている。沖縄県民が食べていた大豆食品の量は世界一で、乳ガン死、前立腺ガン死はゼロに近かったからである。
その量をイソフラボンの量にすると1日70~90ミリグラム。大豆食品に含まれている量は次のとおりである。
豆腐半丁  75ミリグラム 納豆1パック65ミリグラム ほぼこれくらい食べていれば足りるわけで、これからは枝豆のシーズンになるが、ビールのつまみに枝豆を食べればそれからもイソフラボンが摂れることになる。

イソフラボンはガンの発生を抑えるのではなく成長を抑える。
検死のデータを比較した研究では、アメリカ人男性と日本人男性にはほぼ同率で前立腺ガンが認められている。しかし、日本人男性の場合は、ガンが小さいままで臨床的にガンと診断されるレベルまで成長していないケースが多いのだ。 (→確かに!)

大豆はガンを抑えるだけでなくコレステロールも下げる。ケンタッキー大の研究者が豆腐90~120グラム(約半丁)を毎日被験者に食べてもらった38回の研究では、高かった血中コレステロール値と中性脂肪値が顕著に下がっている。

それだけではなく、悪玉のLDLコレステロールの酸化も防いでいる。酸化LDLは動脈硬化の原因になるのだから、循環系の健康のためにも大豆を食べたい。

●丸元淑生(まるもと・よしお) 1934年、大分県生まれ。東京大学文学部仏文科卒。作家、栄養学ジャーナリスト、料理研究家。

| | コメント (0)