« 心筋梗塞で若死にしない7ヵ条 | トップページ

2006/07/07

糖尿病の主因は肥満:果物を含む習慣で予防

糖尿病には1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠糖尿病などの病型があり
ますが、日本では約90%が2型糖尿病です。最近、フィンランド
と日本で果物を含む食習慣が2型糖尿病の予防に有効であるとの研
究結果が発表されました。

 2型糖尿病は、身体がインスリン抵抗性を示すためインスリンの
働きが悪くなり、インスリンを多く必要とするのに必要量を分泌で
きないと発症します。過食、運動不足、肥満などが発症に関係して
いると考えられてきました。

 2型糖尿病発症の理由を解明するために、アメリカで18歳~79歳
の約31,000人を対象に1997年から2003年まで追跡調査が行われま
した(文献1)。その結果、7年間で2型糖尿病患者が千人当たり
1.9人から6.9人へと41%も増加していました。また、同時期に
肥満とされる人も千人当たりで14.2人から18.3人へと増加し、2型
糖尿病発症と関係していることが分かりました。一方、運動と2型
糖尿病との間にはこのような関係ははっきりしませんでした。その
ため研究者らは2型糖尿病の主要因は肥満であると結論づけています。

 2型糖尿病予防には、果物、野菜、カロテノイド、葉酸などの効果
が明らかとなっていますが、食品は単独で食べられることはないため、
予防のための食事パターン(食習慣)の解析が求められていました。

 フィンランドで1967-1972年に糖尿病に罹患していなかった男女
4,304人を対象に23年間の追跡調査が行われました(文献2)。調査
の結果、2つの主要な食事パターンが特定されました。果物と野菜
を多く摂取することが特徴的な「バランスのよい適度な」食事
パターンと、バター、じゃがいもなどの摂取で特徴づけられる
「伝統的な」食事パターン(欧米型食事)です。

 2型糖尿病の発症に対して、「バランスのよい適度な」食事パタ
ーンの人は、そうでない人と比べてリスクが28%低いことが分か
りました。このグループでは、果物(ベリー類を含む)を1日当
たり平均で209.9g摂取していることが分かりました。一方、「伝統
的な」食事パターンでは2型糖尿病発症率が増加していました。

 以上の結果から、研究者らは2型糖尿病予防には、果物と野菜を
多く摂取する栄養バランスのよい食習慣が有効であると結論づけています。

 日本ではどうでしょうか。日本人は、遺伝的に欧米人より糖尿病
になりやすいため、欧米のデータをそのまま適用することはできな
いとされてきました。そこで、九州大学と自衛隊病院とが共同し
て男性の自衛隊員2,106人を対象に2型糖尿病と食事パターンに
ついて調査を行いました(文献3)。

 調査から1)果物、野菜、乳製品、デンプンを多く摂取し、アル
コールの摂取量が少ない食事パターン(DFSA食事パターン)、
2)動物性食品の多い食事パターン(西洋型食事パターン)、3)
果物や乳製品の摂取量の少ない伝統的な日本型食事パターンの
三つの食事パターンが特定されました。

 食事パターンと2型糖尿病発症との関係について検討した結果、
果物などを多く摂取するDFSA食事パターンの食生活をしている
人は、そうでない人と比べて49%2型糖尿病の発症リスクが少な
いことが分かりました。この果物などを多く摂取するDFSA食事
パターンは、心臓病や脳卒中などの予防のためにアメリカで提唱
されているDASH摂取プランと類似の食事パターンであることも
分かりました。また、この結果は、果物を食べると2型糖尿病に
なるとの説は誤解であることも示しています。

 一方、他の二つの食事パターンではリスク減少効果は認められ
ませんでした。伝統的な日本型食事パターンに予防効果が認めら
れなかった理由として、日本人の果物摂取量と乳製品の消費量が
少ないためではないかと著者らは推測しています。

 以上の結果は、農林水産省や厚生労働省がまとめた「食事バラン
スガイド」や「毎日くだもの200グラム」などで提唱されている
果物を含む新日本型食習慣は、2型糖尿病予防に有効であることを示しています。

【文献】
1) Geiss, L.S. et al.: Changes in Incidence of Diabetes in U.S.
Adults, 1997-2003.
 Amer. J. Prev. Med. 30: 371-377. (2006)
[doi: 10.1016/j.amepre.2005.12.009]
2) Montonen, J. et al.: Dietary patterns and the incidence
of type 2 diabetes. Am. J.
 Epidemiol. 161: 219-227. (2005)
3) Mizoue, T. et al.: Dietary patterns and glucose tolerance a
bnormalities in Japanese
 men. J. Nutr. 136:1352-1358. (2006)
農水省HPより。

|

« 心筋梗塞で若死にしない7ヵ条 | トップページ

コメント


包茎ガリガリ体系で29年間童貞でギャルゲー三昧だった俺。。。
ちょっと勇気出してコレやってみたら楽勝でセクれたわ(^^;
こないだの子は俺のアバラ骨で素股して潮ピュッピュ吹いてたしwww
ワロタけどアバラ骨も使いようによっては武器になるんだなぁwwww

http://komachin.anusu.net/6SQHJWJ/

投稿: 俺なんかが売れたーよヽ(゜∀゜)ノヒャッヒャ | 2009/05/19 22:53


今日の女・・一緒に街歩いてたらオレのズボンのポケットに手を突っ込んできて、
ずっとニギニギしてたわwwww
ホテル到着するなり(フ^ェ^ラ)だもんなwwww Say欲すごすぎwwwww

http://paipai.krieh.com/epbn8LY/

投稿: パクーーーンチョ!!! | 2009/05/09 18:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心筋梗塞で若死にしない7ヵ条 | トップページ