« 大豆。 | トップページ | 分子栄養学からみた全体像② »

2006/04/08

栄養とは~分子栄養学からみた全体像①

<体質>について。

「私はアレルギーな体質」とか「風邪引きやすい体質」とか、体質っていう言葉があるかと思いますが、体質ってなんでしょう。

体質は、①遺伝的なもの ②環境  この2つの要因から作られます。
遺伝的なものは変えられないので、環境改善をするしかありません。予防とは、この環境を改善する、ということともいえます。

では、体質を作っているのはなんでしょうか。
人間の身体は、60兆個の細胞の集合体でできていて、その一個一個の細胞の質、これが体質を作っています。

1個1個の細胞は、46種類ほどの栄養、酸素、水、でできているので、60兆個の細胞全てに十分な46種類の栄養と酸素(細胞は、水という形で酸素を取り入れていますので、あまり水を飲まない方は要注意)がいきわたっていることがいい細胞を作る条件です。

では細胞の質を決めているものは?→血液の質。
血液の質を決めているものは?→栄養の質。
栄養の質を決めているものは?→食事の質。

つまり食事(=材料)の質が、結局は細胞の質をきめ、体質を決めています。
体質を改善するには、食事の質をかえるということが必須です。

肝臓とか骨など、細胞がうまれかわるのに半年から1年くらいかかるので、今日のあなたを作っているのは、半年から1年前くらいに食べた食事ということですねー。

今日から何を食べるか?材料選びはとっても重要です。

では、その材料を考えていきましょう~。

次回:栄養*カロリーグループと野菜グループ

|

« 大豆。 | トップページ | 分子栄養学からみた全体像② »

コメント

ホルモンも栄養のバランスやストレスで簡単にくずれるものです。かといってホルモンの補給をしたりしたら余計バランス崩すので気をつけよう

投稿: MIKO | 2006/04/15 16:45

ありがとうございます。
心して拝見します。

その上!「ホルモン」だと言われました。
ほ、ホルモン・・・。

投稿: さちこ | 2006/04/11 21:30

たぶん、食事とストレスだと思いますよ。これからも食事に関する記事を書いていくので読んでね

投稿: MIKO | 2006/04/11 01:18

こんばんは。

「食事の質」
とっても身にしみる言葉です。一人暮らしを始めて、親ってすごいと改めて感じます。

毎日の積み重ねなのですね。
最近顔に吹き出物が出るのですが
「食事」と「ストレス」じゃないの、と言われる今日この頃です。

次回からも心して拝読します

投稿: さちこ | 2006/04/09 21:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大豆。 | トップページ | 分子栄養学からみた全体像② »