« カロテノイド発見の歴史とその健康効果 | トップページ | ボケ度テスト »

2006/03/29

ヨガで軽症の腰痛を改善

私も大のオススメのヨガですが、腰痛にもよいというヘルスデーニュース(2005.12/20)の記事を見つけました~。腰痛にお悩みの方(結構多いですね。)は要チェックです。
・・・・・・
性別や仕事内容にかかわらず、慢性的に腰に痛みを覚える人は多い。
自分で何とかしたいと思っている人は、今度腰が痛くなったら、戦士(のポーズ)やコブラ(のポーズ)などのヨガのポーズを試みると疼痛が減るかもしれない。

米国の研究者らは、軽症の慢性腰痛を持つ20-64歳の男女101人を3群に分け比較検討した。
第1群は、比較的簡単に学べて安全なヴィニヨガという、治療を目的としたクラスを週に1回12週間受け、第2群は、運動療法士による、筋肉トレーニングやストレッチなどを含む、治療的エクササイズのクラスを受けた。
第3群は“腰痛ヘルプブック”という本を手渡され読むように言われた。各群参加者は、開始前後と26週間の試験中に2回のインタビューを受けた。

痛みなく階段を上る、靴紐が結べるなどの日常生活における機能を比較すると、全体的には3群とも改善していたが、2ポイント以上改善した人は1群では78%、2群では63%、3群では47%であった。腰痛に対する鎮痛薬の使用状況を治療前後での比較では、1群では58%から21%に、2群では57%から50%に減少していたのに対し、3群では50%から59%に増加していた。

研究者は「本を読んで生活習慣を変えるのは一般的に難しく、実際にヨガのクラスに参加することによって呼吸法や体をより意識するようになり、腰痛につながる姿勢や体の動かし方などを改善できたのかもしれない」と指摘する。ただしヨガなら何でもよいわけではなく、インストラクターにもよるようだ。(注:腰を痛めないように注意することは必要ですね。)

腰痛の原因は画一ではなく、ストレスが高く筋肉が凝り固まっているような人にはヨガが適し、筋肉がほとんどないような人には筋肉を増強するようなエクササイズが必要かもしれない。このため腰痛の身体療法は、各個人それぞれに最適な方法が決められるべきであると専門家は指摘している。

戦士のポーズやコブラのポーズなど、具体的に知りたい方は個別にお教えしますので気になる方はお知らせくださいませ~。

ヨガを始めて、よかったことの一つは、やはり姿勢がよくなることというのがあります。
よくない姿勢も腰にはよろしくありませんしね。また、筋肉増強も必要かと思います。それにはパワーヨガがもってこい!です。

|

« カロテノイド発見の歴史とその健康効果 | トップページ | ボケ度テスト »

コメント

本当にそうよね~。運動オンチの私でも続けられるのってヨガしかないかも~笑

投稿: MIKO | 2006/03/31 00:43

そうそうヨーガは絶対オススメ!今までいろいろなスポーツをしましたが、体に負担がなく柔軟な筋肉をつけられて、呼吸法によりリラックスまでできてしまうのはヨーガだけ!本当に気持ちがいいですよ~

投稿: shiho | 2006/03/30 10:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カロテノイド発見の歴史とその健康効果 | トップページ | ボケ度テスト »