« ヨガで軽症の腰痛を改善 | トップページ | ボケ度テスト・解説編 »

2006/03/31

ボケ度テスト

ボケ度テスト~14点以上なら専門外来へ!

「人の名前が思い出せなくなった」「メモしないと約束をすぐ忘れてしまう」などの体験を何度かすると、“自分はボケ始めたのではないか”と不安になる。
「ボケ」と「単なるもの忘れ」とは違うというが、ボケが始まっているかどうかを簡単にチェックできるテストがある。
「大友式ボケ予測テスト」で、作成したのは浴風会病院の大友英一院長だ。
「このテストは、ボケの始まりやボケに進展する可能性のある状態を、自分で簡単に予測できるようにと考案したものです」

(大友式ボケ予測テスト)
(1)同じ話を無意識に繰り返す
(2)知っている人の名前が思い出せない
(3)もののしまい場所を忘れる
(4)漢字を忘れる
(5)今、しようとしていたことを忘れる
(6)器具の説明書を読むのを面倒がる
(7)理由もないのに気がふさぐ
(8)身だしなみに無関心である
(9)外出をおっくうがる
(10)もの(財布など)が見当たらないことを他人のせいにする
★「ほとんどない」は0点、「たまにある」は1点、「頻繁にある」は2点

さて、点数はいくつでしたか?

解説は、次回に続く・・・・・・

|

« ヨガで軽症の腰痛を改善 | トップページ | ボケ度テスト・解説編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヨガで軽症の腰痛を改善 | トップページ | ボケ度テスト・解説編 »