« オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸 | トップページ | オメガ3脂肪酸のすばらしい効用 その3 »

2006/03/05

オメガ3脂肪酸のすばらしい効用 その2

昨日の記事の続きです。
-----

● あなたのお子様オメガ-3不足

オメガ3脂肪が欠乏すると、主な徴候は…

ひどくのどが乾く、集中力の低下、頻尿・乾燥肌・ふけ症・腕・大腿部・ひどくかたい隆起が起きて・・・
転じてオメガ3系フラックスオイルの働きはあまりにも広範囲に及ぶため、薬のように特殊治療という固定概念の親にはそれはまるで魔法と驚異にみちたオイルと思うに違いない。(パーデュー大学・ローラー・ステイーブンス博士)

 

● 中性脂肪をどの薬よりも下げる

聖ルカ病院アメリカ心臓研究所のハリス博士は最近のデータ分析で、血中中性脂肪値はオメガ-3が最も安全で最良の「自然の与える薬」であることを発表しています。博士は72の臨床試験を行い、オメガ-3が血中中性脂肪を平均で28パーセント下げることを知った。
又、カナダのゲルフ大学のホルブ博士は、中性脂肪とコレステロールを下げるには「効果的で安全な」オメガ-3とニンニクの組み合わせを強く主張しています。薬には重大な副作用があるので。(聖ルカ病院アメリカ心臓病研究所ウィリアム・ハリス博士)

 

● 慢性関節リウマチにはオメガ3

リウマチの症状として緩和する自然の療法のナンパーワンは、オメガ3脂肪酸である。過去10年・12以上の研究でオメガ3が痛み・腫れ・こわばりをやわらげる助けになってきたことが明らかになった。半数の被験者が非ステロイド鎮痛薬を減らせた。大多数の人の場合、大きな改善は18週から24週であった。これは、オメガ-6系脂肪のアラキドン酸からロイコトリエンに調整が除々に切り替わったためと考えられる。(アルバニー医科大学リウマチ学ジョエル・クレーマ博士)

● ダイエットにはオメガ3が必要

「脂肪をとると減量に役立つ」といえば、一般の常識からすると驚かれるかもしれないが、実はオメガ-3という超柔らかいオイルを摂ると体内の中の硬い脂肪を除々に溶かしていくのです。オメガ3は中性脂肪や過酸化脂肪の溶解の働きをするのです。「油は油でないと溶かせない」ということを思い出してください。

体の中にオメガ3脂防が不足していると「もっともっと油っこいものがほしい」というメッセージを送ります。すると、フレンチフライやマーガリンやポテトチップスなどのリノール系の油や肉を欲しくなり、多く摂ることになり、ますますオメガ-3脂肪が減ってしまい、肥満となっていくのです。

(さらに続く)

 

|

« オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸 | トップページ | オメガ3脂肪酸のすばらしい効用 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸 | トップページ | オメガ3脂肪酸のすばらしい効用 その3 »