« 知らぬ間に蓄積する体内の有害物質に注意(その2) | トップページ | 突然死につながる食生活(解答編) »

2006/02/18

突然死につながる食生活

最近特に多い突然死。しかも30代や高校生もいたりと若年層に多いんですよ・・・。

突然死に関する興味深い記事をみつけました。参考になればと思うのですがチェックしてみてくださいませ。

心筋梗塞やクモ膜下出血など突然死の原因を突きつめていくと、食生活に行き当たる。問題に

なるのは動物性脂肪、塩分、コレステロールの3つだ。これらの過剰摂取が血液をドロドロにし、

血管をもろくして動脈硬化を進行させ突然死を引き起こす。

これを食い止めるために、自分の食生活を再チェックする必要があるのだ。

【そこで問題!】

外食メニュー別に挙げたA、B、Cの中から、普段自分が選ぶものに○をつけてください。

(A、B、Cのどれがヤバイのかを実践女子大学・食生活科学科の田島眞教授に判定してもらい、

その話を参考に10段階で危険度をつけた。数字が高いほどヤバイので要注意。 )

《中華料理》 ラーメンと一緒に……
Aギョーザを食べる
Bチャーハンを食べる
C白飯を食べる

《そば・うどん》
Aかけそば・うどん
Bワカメそば・うどん
C月見そば・うどん

《丼》
A天丼
B牛丼
C親子丼

《カレー》
Aビーフカレー
Bポークカレー
Cチキンカレー

《定食》
A焼き魚定食
B煮魚定食
C刺し身定食

《つまみ1》
Aポテトサラダ
Bポテトフライ
Cジャーマンポテト

《つまみ2》
A空揚げ
B焼きそば
Cバターコーン

・・・さぁどれがもっとも危険度高いでしょう?

答えは次回に。

|

« 知らぬ間に蓄積する体内の有害物質に注意(その2) | トップページ | 突然死につながる食生活(解答編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 知らぬ間に蓄積する体内の有害物質に注意(その2) | トップページ | 突然死につながる食生活(解答編) »