« 心臓発作の40%以上が“サイレント” | トップページ | 牛乳を飲むと骨が弱くなる?!その1 »

2006/02/28

花粉症を防ぐ対策

日本の花粉症患者は6人に1人ともいわれているそうです(!)。私も過去はそうでしたし。

さて、今年は昨年の大量飛散の影響で、飛散量は昨年の12~50%と少ないと予想されるが、発症する人は増えると専門家は言っています。

理由は、スギ花粉特異的IgE抗体が体内に蓄積されているため、少量の花粉を浴びただけでも症状が出ると見られているから。
症状が出ていなくても、体内の花粉抗体レベルが一定ラインを超えた予備軍も増えている。また、鼻と目の症状だけでなく、咳が止まらなくなるという症状もある。
花粉の飛散が始まる前に対策を講じることが大切です。

普段からビタミン・ミネラル等の栄養をしっかりとって免疫力が高まっていると、花粉症もでなくなります。まさに私がそうでした。しかし、とにかく今すぐ対処しないと間に合わない!という方には。

免疫のバランス調整
◎善玉菌…乳酸菌、ビフィズス菌等
◇乳酸菌、ビフィズス菌…Th1細胞が増え、花粉症の原因Th2細胞を減らすため、バランスがとれて、アレルギー症状が抑制される。
◇L-92乳酸菌…Th2細胞を自然死させて減らす。
◇ビフィズス菌…症状を改善しTh2細胞の産生量を減らす。
症状発現過程をブロック
◎ポリフェノール、多糖類…西洋フキ、トマト果皮、抽出物、若いみかん
◇プロポリス、べにふうき…肥満細胞に花粉アレルゲンが作用するのを防ぐ。
◇ポリフェノール、多糖類全般…くしゃみを抑える。
◇西洋フキ…くしゃみ・鼻水・鼻づまりを抑える。
◇オメガ3脂肪酸…炎症を抑えるため、くしゃみを抑える

とにかく間に合わない人は超速攻性のあるアレル・リリーフ(まさに乳酸菌LG-2ブレンド)、来年から二度と発症したくない方は普段からLPで、予防がよいです。

私もひどい花粉アレルギーでしたが、LP等飲んでいるからか、いまやほとんど出なくなりました。感謝です。

|

« 心臓発作の40%以上が“サイレント” | トップページ | 牛乳を飲むと骨が弱くなる?!その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心臓発作の40%以上が“サイレント” | トップページ | 牛乳を飲むと骨が弱くなる?!その1 »