トップページ | 2006年3月 »

2006/02/28

花粉症を防ぐ対策

日本の花粉症患者は6人に1人ともいわれているそうです(!)。私も過去はそうでしたし。

さて、今年は昨年の大量飛散の影響で、飛散量は昨年の12~50%と少ないと予想されるが、発症する人は増えると専門家は言っています。

理由は、スギ花粉特異的IgE抗体が体内に蓄積されているため、少量の花粉を浴びただけでも症状が出ると見られているから。
症状が出ていなくても、体内の花粉抗体レベルが一定ラインを超えた予備軍も増えている。また、鼻と目の症状だけでなく、咳が止まらなくなるという症状もある。
花粉の飛散が始まる前に対策を講じることが大切です。

普段からビタミン・ミネラル等の栄養をしっかりとって免疫力が高まっていると、花粉症もでなくなります。まさに私がそうでした。しかし、とにかく今すぐ対処しないと間に合わない!という方には。

免疫のバランス調整
◎善玉菌…乳酸菌、ビフィズス菌等
◇乳酸菌、ビフィズス菌…Th1細胞が増え、花粉症の原因Th2細胞を減らすため、バランスがとれて、アレルギー症状が抑制される。
◇L-92乳酸菌…Th2細胞を自然死させて減らす。
◇ビフィズス菌…症状を改善しTh2細胞の産生量を減らす。
症状発現過程をブロック
◎ポリフェノール、多糖類…西洋フキ、トマト果皮、抽出物、若いみかん
◇プロポリス、べにふうき…肥満細胞に花粉アレルゲンが作用するのを防ぐ。
◇ポリフェノール、多糖類全般…くしゃみを抑える。
◇西洋フキ…くしゃみ・鼻水・鼻づまりを抑える。
◇オメガ3脂肪酸…炎症を抑えるため、くしゃみを抑える

とにかく間に合わない人は超速攻性のあるアレル・リリーフ(まさに乳酸菌LG-2ブレンド)、来年から二度と発症したくない方は普段からLPで、予防がよいです。

私もひどい花粉アレルギーでしたが、LP等飲んでいるからか、いまやほとんど出なくなりました。感謝です。

| | コメント (0)

2006/02/27

心臓発作の40%以上が“サイレント”

日経ネットの記事です。
心臓疾患の予防は本当に大事です。なにか起こってからではもう遅すぎなのです。。。
 心臓発作(心筋梗塞)患者の4割が発症時に診断されておらず、“サイレント(無症候性)心臓発作”と呼ばれるこの発作が特に女性に多くみられ、症例の半数を占めていることがオランダ、エラスムス医療センター(ロッテルダム)の研究で明らかになった。

「European Heart Journal」2月14日号に掲載された研究報告で、同センター臨床心臓血管疫学助教授のEric Boersma氏は「患者自身はもとより、医療システムを用いても気づかれない心臓発作が相当の割合にのぼる」という。虚血性心疾患(IHD)による死亡は減少しているものの、無症候の心臓発作は高齢人口の増加に伴い、今後も重要な課題となると指摘する。

 今回の研究では、ロッテルダム近郊で実施された前向きコホート研究であるロッテルダム研究(Rotterdam Study)に参加した55歳以上の男女4000例以上を分析。1990年から1993年の間、心臓発作の既往のない男女を対象に心電図(ECG)検査および診察を実施し、1994~1995年と1997~2000年に1回以上の追跡検査を行った。

 その結果、心臓発作全体のうち43%、男性では3分の1、 女性では半数以上が診断されておらず、この男女差は55歳から80歳まで変わらないことが判明した。この状況は、オランダ以外の先進国にも当てはめることができるという。

 米レノックスヒル病院(ニューヨーク)のNieca Goldberg博士は「心筋梗塞をもつ女性の3分の2が診察を受けておらず、診察を受けた女性でもまだ疾患が見落とされている。きわめて残念なことだ」と述べる。

 「早期診断のためには、とにかく心電図検査を繰り返すことであるが、このような見解を示す前に、55歳以上の大規模集団に広く実施することの有益性を確かめるために、正式な費用便益(コスト・ベネフィット)分析を行う必要がある」とBoersma氏は述べている。

[2006年2月14日/HealthDayNews]

| | コメント (0)

2006/02/26

肥満の判定はウエスト/ヒップ比で

肥満について、面白い記事がありました。以下は農水省果樹花き課からの情報です。

肥満は、心臓病などの生活習慣病を誘発する危険因子です。食事による摂取エネルギーが消費エネルギーを上回る状態が長く続くと、余ったエネルギーは脂肪として体内の脂肪細胞に蓄えられます。
それが一定の限度を超えた状態が肥満です。肥満かどうかの判定基準としてBMI(Body Mass Index)が用いられており、BMI=25を超えると肥満とみなされていました。

一方で、BMIの判定基準作成に用いられたデータには偏りがあり、主にヨーロッパや北アメリカのデータが用いられ、アジアなどのデータが少ないため、肥満の程度と心臓病発症のリスクとが相関していないのではないかと考えられ、再定義する必要があるとされていました。

そこでYusuf博士を中心とした研究チームが52カ国27,098人を対象に調査した結果、BMI値(BMI)よりもウエスト/ヒップ比(ウエストをヒップで割った値)を測定する方が心臓病発症のリスク判定に有効であると医学雑誌Lancetに発表しました。

研究では心筋梗塞になった人と健康な人を比較したところ、心筋梗塞にかかった人は、健康な人に比べてBMI値は少し高い値でしたが、中東と南アジアの人では差がありませんでした。

一方、ウエスト/ヒップ比は、心筋梗塞になった人は、健康な人と比べてきわだってその数値が高いことが分かりました。さらに、男女差、地域間差に関係なくリスクを一貫して判定できることが明かとなりました。また、腹部の脂肪の量を反映しているウエストサイズは大きくなると心筋梗塞のリスクが高まり、逆にヒップサイズは大きくなると心筋梗塞のリスクが減じることも分かりました。ウエスト/ヒップ比が男性で0.9、女性で0.83以上であると以下の人に比べて男性では1.73倍、女性では1.90倍に心筋梗塞のリスクが高まりました。

例えば、男性ではウエスト81cm、ヒップ90cmのウエスト/ヒップ比は0.9です。女性ではウエスト78cm、ヒップ94cmのウエスト/ヒップ比は0.83です。

以上の結果から、著者らはウエスト/ヒップ比はBMIより心臓病発症のリスクを正確に反映していると結論づけています。

BMIは、どれくらい太っているかを表していますが体の形はわかりません。BMIが同じ人でもウエストが太い人もいればヒップが大きい人もいます。それに対して、ウエスト/ヒップ比は体の形が分かります。
ウエスト/ヒップ比が大きい、すなわち上半身(腹部)に脂肪が蓄積している内蔵型肥満は、上記論文でも分かるように心臓病など生活習慣病発症の原因となります。

上半身(腹部)肥満は、食事療法や運動療法によく反応するので下半身(ヒップ)肥満に比べて減量しやすいという特徴があります。
従って、果物(「毎日くだもの200グラム以上」)、野菜、低脂肪食品を主体に摂取して、飽和脂肪、コレステロール、総脂肪を減らす食事に換えて腹部の肥満を解消しましょう。

-----

上半身肥満の方がより危険なんですね・・・!

【文献】
Yusuf, S., et al.: Obesity and the risk of myocardial
infarction in 27000 participants
from 52 countries: a case-control study. Lancet 366:
1640-1649. (2005)
[DOI:10.1016/S0140-6736(05)67663-5]

| | コメント (0)

2006/02/25

緑茶のダイエット効果(その2)

緑茶の渋味成分カテキンはポリフェノールの一種。エピガロカテキンガレート、エピガロカテキンなど6種類ほどのカテキン類が含まれています。

カテキンには、発ガン抑制、動脈硬化予防、抗糖尿病、抗菌など、さまざまな薬効がありますが、最近ではそのダイエット効果も注目されています。

カテキンには糖質の消化を促す消化酵素の働きを阻害する作用があります。そのため、ご飯やお菓子などで摂ったでんぷん質の一部は、消化管から吸収されることなく、大腸を経て体外に排出されます。緑茶を飲むことで糖質が吸収されにくくなると、血糖値が抑えられるため、自然とインスリンの血中濃度も低くなります。インスリンは食欲中枢と関係し、この分泌を抑えることは、肥満防止にも役立ちます。また、カテキンは腸での脂肪吸収を妨げ、脂肪を体外に排出する働きも有します。さらに、運動前などに摂取することで、体脂肪を燃焼し、脂肪代謝を高める働きもあるのです。

ダイエットで減食すると、ビタミン類も必然的に不足しがち。でも、茶葉には肌あれに効果を発揮するビタミンCが豊富です。また緑茶にはダイエット中のイライラを防止するテアニンという旨味成分が多く含まれており、そのうえノンカロリーで砂糖やミルクなしでもおいしく飲めるので、ダイエットには最適です。

昨日伊豆の温泉に行きました。

ゆっくり温泉につかると、リラックスして疲れがとれて、いいですね。パワー充電です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/24

緑茶は体脂肪を減らす?!

日本人にとってお茶を飲む習慣は欠かせないものです。最近ではお茶に含まれるさまざまな成分が見直され、健康によい飲み物として注目を集めています。

お茶の渋み成分でもあるカテキンは、病気のもとになる活性酸素を取り除くとともに、抗菌作用や抗アレルギー作用を持っています。カフェインは疲労感を取り除き、ビタミンCはストレスを予防して風邪などをひきにくい体をつくってくれます。さらに若々しさを保つビタミンEや、整腸作用のある食物繊維も豊富です。食物繊維には水に十分溶け切れないものもあり、その効果をまるごと体内にとりこむため、お茶を食べるという健康方法も登場しています。

お茶の効用で今、最も注目を浴びているのがダイエット効果。厳しい食事制限や運動をしなくても、お茶には体脂肪を減らすさまざまな成分が含まれているのです!!!

まずカテキンには体内のインスリンを低下させ、血糖値を下げる力があります。またカフェインは、脂肪を優先的に燃焼させてエネルギー源にする作用を持っています。運動する前や朝起きた時にお茶を飲んでおくと、体にたまった脂肪がエネルギーに変わるため、ダイエットには大変有効というわけです。さらにお茶に含まれる豊富な食物繊維は腸内洗浄の役目を果たし、脂肪のたまりにくい体づくりをサポート。

お茶のうまみ成分でもあるテアニンには、食欲を抑制する効果があることもわかっています。テアニンを多く抽出するには、60℃以上のお湯を使うことが大切です。また、テアニンは上級な緑茶により多く含まれるもの。ダイエットを目的にお茶を選ぶ時は、玉露や抹茶がお勧めです。さらに5月ごろ収穫される一番摘みのものにはテアニンが多く、ダイエットに最適と言えます。

テアニンにはリラックス・鎮静効果もあります。心身がいらいらしたり、ストレスを感じると、肥満細胞が増える?とも言われていますので、ストレス緩和→肥満予防にもお茶はいいのです。

(続く)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/23

ほうれん草3キロ=サプリメントで100mg

以前「あるある大辞典」でもαリポ酸特集は、中年太りを防ぐということで非常に話題になりました。

αリポ酸は、食べたものをエネルギーに変える代謝に不可欠の補酵素(コエンザイム)です。だからビタミンB群と同様の重要性を持っているけれども、ビタミンと呼ばれないのは、体の中で作り出されるから。

しかし、50歳近くになるとあまり作り出されなくなり、人によって差はあるけれども、加齢とともにどんどんその量が減っていきます。
アルファ・リポ酸以外にもそういう栄養素はたくさんあるので、中年になったら、それを補うような食事をしなければなりません。 。(ちなみにその減り具合はコエンザイムQ10が最も大きく20歳を境に急速に減っていきます。)

若いときのように体は使わないので、食事の量はあまり摂る必要がないけれども、多種類の微量栄養素が十分に摂れる食事にしていかなくてはならない・・・。
となるとそれは実は大変なことです。簡単にいうと、カロリーは少量で微量栄養素はたっぷり、という食事に変えなくてはならないということ。

それが出来ない人は病気のリスクが高まるし、老化が加速します。 (ほとんど食事だけで栄養を取ることが残念ながら不可能になってしまいました)

60歳くらいになると、人によって老化の具合って本当に違いますよね?(笑)

ちなみにアルファ・リポ酸だけは食事を変えても多く摂ることは不可能です。

この栄養素を最も多く含んでいる食品のほうれん草を食べるとしても、アルファ・リポ酸を100ミリグラム摂るには3キログラムも必要なのです。(焼き鳥のレバーでとるとなると2万本!!!)
だからサプリメントで補うしかないのですが、補わない場合に起きてくるのは一般に、血糖値の上昇です。

アメリカの統計では70歳の人が糖尿病になる率は50歳の人の20倍と高率だが、その理由の一つは加齢によるアルファ・リポ酸の減少と考えられています。

血糖値の高い状態がつづくと糖尿病のリスクが高まるだけでなく、血液中のブドウ糖が体内のさまざまな場所で、タンパク質と結合してタンパク質の糖化をひき起こします。

それは有害な変化で、体の組織を老化させていく。皮膚や血管のコラーゲンを構成しているタンパク質が糖化すると、交差結合と呼ばれる網状結合を形成して、コラーゲン同士が網状やひも状に結合していくために肌や血管の柔軟性がなくなる。そして肌にはしわやしみが生まれるというしくみです。

勧められているアルファ・リポ酸の摂取量は、糖尿病になってしまった人の場合は1日200ミリグラム、そうでない人は1日100ミリグラムです。

「あるある大辞典」では中年太りを防ぐためにという内容でしたが、αリポ酸は糖の代謝にかかわり(以前は糖尿病の対処として使われていました)肥満を防ぐためにも効果的といえるでしょう。

αリポ酸。ライフパックと一緒におとりになりたい方は「プライムケア」で100ミリグラムのαリポ酸がとれます。

また詳しく勉強なさりたい方は、「ビタミンバイブル」参考になさってくださいませ。

| | コメント (0)

2006/02/21

目の疲れ。

今の時代、パソコンは仕事に不可欠となり、情報も過多で、「目の疲れ」を感じない人の方が少ないのではないでしょうか??私もコンタクトを中学時代から着用していますし、活字中毒なので(笑)気を抜くと目が疲れてしまいます。

目の疲れには、2種類あり、
①目の筋肉がこる(ピントを合わせるためにいつでも緊張状態となり、目の筋肉がコチコチにこり眼精疲労となる
②ドライアイタイプ(涙の量が減る、涙の質が変化することにより起こる)

最近では目の疲れの約7割がドライアイタイプだそうです。

主な原因は、パソコン作業環境(暖房などによる空気の乾燥など)、ストレス(筋肉の緊張状態、血行障害が起きる)、寝不足(夜になると涙の量が減る。長い間起きているとドライアイに)、たばこ(煙が目に大きな負担)、などです。

★簡単解消法!!
・パソコン作業中は、モニターの位置を、目線より下にする。・・・まぶたを目線を下にさげることで、まぶたにより目がたくさん覆われるため、乾燥が防げます。

・意識的にまばたきをする・・・まばたきをすることで、目の表面に一定量の涙が行きわたります。1分間に約 20 ~ 30 回のまばたきを心がけましょう。

・ときどき遠くをみて目の筋肉を休ませてあげる

★食生活の見直しで目の健康をサポート
食生活の乱れは目の機能を低下させる大きな原因です。そこで目にいい食べ物は。

ブルーベリー 青紫色の色素 アントシアニン がロドプシンの再合成を促進させる。抗酸化作用によって目の老化、傷つきを防ぐ。

緑黄色野菜 緑黄色野菜に多く含まれるカロテノイドの一種・ルテイン が、網膜の黄斑分に働きかけ、目を老化から守る。

青魚 魚の脂肪に多く含まれる ドコサヘキサエン酸( DHA ) が、細胞の膜をやわらかくし、情報伝達をスムーズにする。

★ホットタオルで疲れ目を癒す・・・これ気持ちいいです!!

★目の周りのつぼ押し・・・目が疲れたときには、目のまわりにあるツボをひと押し。目の筋肉のコリや緊張がほぐれます。眼球を圧迫しないように、やさしく行いましょうー

そういえば、私も数年前は、極度の目の疲労に悩まされ、週に一度のマッサージ通いが止められませんでしたけれど、今はほとんど感じなく、パソコンに半日くらいむかってるときにちょっとしんどくなるくらい。

やっぱりサプリメントで栄養しっかりとってるからかも(笑) 感動です。

今日の夜は横浜市長中田宏さんの講演会のお手伝い!(ヤングレディース代表として!)

ためになるお話し聞けるのがまたまた楽しみです~。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/02/20

「オーガニック」というライフスタイル

ご存知のようで詳しいことはあまり知られていない「オーガニック」とはなんでしょう。
オーガニックの定義を抜粋しますと、

「オーガニックとは、ライフスタイルで、単なる農法のことだけを指すのではありません。これからも、孫もそのまた孫の世代もずっと健康で豊かに住み続けていくための生き方の選択です。

・・・農地に薬を撒きますとそれが染み込んで、やがて地下水にまで到達します。私たちは地下水をくみ上げて飲料・生活に使用しているわけですから、地下水が汚染されれば生きていけなくなるのです。今でも消毒して飲んでいるのだからそれでいい、という人がいたら、地球というのは密閉された容器と同じで、水は繰り返し循環していることをよく考えてください。汚せば汚すほど、次に巡ってくる水も汚れていく。きれいに戻すには、それだけ余分な時間もエネルギーもかかるのです。オーガニック農業という方法は、この、生きていくためにどうしても必要な水を守るためにも、ぜひ取組まなくてはならないことの1つなのです。

では、「オーガニック農業」とはなんでしょうか。

それは、まず植物に直接栄養を与えない。つまり大地の生命活動が作り出す栄養分を植物がきちんと吸い上げる。植物本来、土本来の姿で生産するということです。

それから危険な化学物質を用いない。危険な、というのをつけたのは農業といえども産業ですから、産業として成り立たなくてはなりません。自然農法といって、外からのものは一切持ち込まず、耕しもしないという農法がありますが、弥生時代から農耕を行うようになって以来、人間は耕し、その都度考えて油粕を入れるとか、いわしを肥料にするとかいろいろ考えて行ってきました。オーガニックはこれを全て否定するというわけではありません。危険な化学物質というのは、20世紀になって、今の化学農業のためにいろいろ生み出された物質で、それは使用しないということです。

そして遺伝子操作を行わないということです。遺伝子操作は抗ガン剤などで注目を浴びていますが、閉じた空間である研究室の中で行う分にはまだいいでしょう。ところが農地というのは広いのです。この広い農地において、こうした技術が使用されると将来どんな事態を招くかわからない、私たちが住めなくなるようになることもありうるのです。ですから、これを行わない。この3つを踏まえたのがオーガニック農業です。

つまりオーガニックというライフスタイルから登場したのがオーガニック農業なのです。」

日本ではまだまだオーガニックに対する意識は低いし、それに日本では未だ生産者と消費者との信頼関係はイマイチで、BSEや鳥インフルエンザの問題もあって、よい信頼関係を築けずにいるのが現状かと思いますが、

オーガニックはライフスタイルという切り口をコンセプトに、政策的にアピールすれば、たとえば科学肥料や農薬の使用は土壌、水、大気汚染の原因とものあるので、環境面からも環境省も一役あり、

オーガニック生産物は輸送、保管に厳重な管理を必要とするので国土交通省ももちろん農家も高い付加価値で消費者との信頼関係も築けることになり、農水省も、オーガニック生産物の流通で経済産業省も関わることとなり、

単に農水省の問題ではなく、政府全体で大きな後押しが絶対に必要なことと思います。

ぜひこの内容をごらんになったみなさまには、他人事ではなく、地球環境や私たち人間を守っていくために、日ごろから考えてほしいテーマです。

「オーガニックフェスタ」http://www.organicfesta.com/index.htmlが4月7日~9日に行われます。

ご興味ある方はぜひいってみてくださいませ。

本当にためになる本!!オススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/19

突然死につながる食生活(解答編)

前回の解答編です。

《中華料理》 ラーメンと一緒に……
Aギョーザを食べる
Bチャーハンを食べる
C白飯を食べる
解答→危険度は高い順にB(10)、A(9)、C(7)。
「チャーハンは肉類と卵が入っていて油も使うので、脂肪、塩分、コレステロールともに多い」  
どうしても、というときは単品に。
ちなみにラーメンのワースト順位は、トンコツ、塩、みそ、しょうゆだ。

《そば・うどん》
Aかけそば・うどん
Bワカメそば・うどん
C月見そば・うどん
解答→ Cが危険度5、Aが4、Bが3。
「卵が入っている月見そばはコレステロールが高い。ワカメは食物繊維が取れコレステロールを下げるので、
食べるならワカメそば・うどんです」
月見のときは、ワカメをたっぷりプラスしよう。

《丼》
A天丼
B牛丼
C親子丼
解答→揚げ物である天丼が最も悪いように思うが……。
「一番危険度が高いのは、脂肪とコレステロールの多い牛丼です。天丼は植物性の油なので、牛丼よりはいい」
危険度はBが8、Aが7、Cが6。

《カレー》
Aビーフカレー
Bポークカレー
Cチキンカレー
解答→ Aが危険度7、Cが6、Bが5だ。
「牛肉は肉の中で脂肪が最も多い。一方、コレステロールが最も多いのは鶏肉です。
脂肪もコレステロールも危険度を高めますが、脂肪の方が害が大きいため、突然死の危険度は
Aのビーフカレーが一番高くなります」
“危険度は牛、鶏、豚の順で高い”と覚えておくと、肉料理を選ぶときの基準にもなる。

《定食》
A焼き魚定食
B煮魚定食
C刺し身定食
解答→ 魚定食が健康にいいことは、よく知られている。しかし、魚定食の中にもランキングがある。
「魚定食は塩分が問題になってきます。一般的に、焼き魚、煮魚、刺し身の順に塩分量が多いです」
Aが危険度5、Bが4、Cが3。

《つまみ1》
Aポテトサラダ
Bポテトフライ
Cジャーマンポテト
解答→ 居酒屋の人気つまみだ。危険度はBが7、Cが6、Aが5。
「ジャガイモは油を非常によく吸います。ポテトフライなど、ジャガイモの揚げ物料理は避けた方がいいでしょう」

《つまみ2》
A空揚げ
B焼きそば
Cバターコーン
解答→ やはりこれらも、居酒屋で男性に人気の料理。
「酒を飲むときはアルコールの分解を高めるなどの理由から、タンパク質をたくさん取った方がいい。
だから、空揚げはタンパク質も取れるから悪くはない。糖質と脂肪しか取れないバターコーンが一番ダメです」
Cがトップで危険度6、次いでAが5、Bは4。

・・・あなたの“突然死リスク”はどうでしょう?

ヘルシーな食生活を心がけるようになってから、ラーメン+ギョウザ+半チャーハンって組み合わせは、止めました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/18

突然死につながる食生活

最近特に多い突然死。しかも30代や高校生もいたりと若年層に多いんですよ・・・。

突然死に関する興味深い記事をみつけました。参考になればと思うのですがチェックしてみてくださいませ。

心筋梗塞やクモ膜下出血など突然死の原因を突きつめていくと、食生活に行き当たる。問題に

なるのは動物性脂肪、塩分、コレステロールの3つだ。これらの過剰摂取が血液をドロドロにし、

血管をもろくして動脈硬化を進行させ突然死を引き起こす。

これを食い止めるために、自分の食生活を再チェックする必要があるのだ。

【そこで問題!】

外食メニュー別に挙げたA、B、Cの中から、普段自分が選ぶものに○をつけてください。

(A、B、Cのどれがヤバイのかを実践女子大学・食生活科学科の田島眞教授に判定してもらい、

その話を参考に10段階で危険度をつけた。数字が高いほどヤバイので要注意。 )

《中華料理》 ラーメンと一緒に……
Aギョーザを食べる
Bチャーハンを食べる
C白飯を食べる

《そば・うどん》
Aかけそば・うどん
Bワカメそば・うどん
C月見そば・うどん

《丼》
A天丼
B牛丼
C親子丼

《カレー》
Aビーフカレー
Bポークカレー
Cチキンカレー

《定食》
A焼き魚定食
B煮魚定食
C刺し身定食

《つまみ1》
Aポテトサラダ
Bポテトフライ
Cジャーマンポテト

《つまみ2》
A空揚げ
B焼きそば
Cバターコーン

・・・さぁどれがもっとも危険度高いでしょう?

答えは次回に。

| | コメント (0)

2006/02/17

知らぬ間に蓄積する体内の有害物質に注意(その2)

(昨日の続き)ではどうしたら?自分の努力でできることは心がけていきたいですよね。

有害物質排出の日常の心得
・解毒を担う肝臓を強化し、負担をかけないよう心掛ける。
・食事のバランスを心掛ける。

→日本人の体質に合う和食を中心に、食物繊維の多い食品を。大豆、ゴマ、海草、野菜、青魚、シイタケ、芋類、果物、ナッツ等を常時取り入れる。
→バランスが良い食事には各種栄養素、ミネラルも含まれ、亜鉛は水銀や鉛の毒性を軽減、イオウは有害金属の蓄積予防、セレンは水銀、カドミウム等の毒性軽減にと、有害金属の軽減にも役立つ。
→食事で補えない場合は、サプリメントを利用。但し過剰に摂取すると逆に中毒を起こすミネラル等もあり、基準量を必ず守る。(専門科に相談。ハイ私は専門家です。ご相談いつでもうけております)
・食事は良く噛み唾液を充分に分泌させ消化を促進。分泌が少ないと有害物が侵入し易い。
・出来るだけ無農薬、低農薬のものを食べる。
・有害物質は、脂肪に溜り易いので、動物性脂肪は避ける。
界面活性剤の入った洗剤を使わない。シャンプー剤は、少量を泡立て良くすすぐ。(なぜなら市販のシャンプーは合成洗剤と同じ成分だから!)
・歯磨き剤は少量、又は使用しない。(歯磨き粉も市販のものは合成洗剤と同じ成分。発泡剤が細胞膜を破壊し、有害物の吸収を高める。)
マウスウォッシュも口腔常在菌まで殺す為、常用は禁物。(「L・・リン」は買ってはいけないに発ガン物質含有と記載されていましたね)

日常に溢れる有害物質
(口から)
・近海の魚介類(マグロ、メカジキ、キンメダイ、貝類)
・食品添加物、農薬の多い食品
・医薬品の乱用、殺虫剤・除草剤
・プラスチック(ビスフェノール)
(肺から)
・車の排気ガス、他大気汚染
・壁紙、建材類
(皮膚・粘膜から)
・シャンプー、リンス・髪染め
・歯磨剤、マウスウォッシュ
・化粧品等
・歯の詰め物(特にアマルガム)   等々

何気なく使っているシャンプーや石鹸や化粧品も、安いからといって石油系や市販されているものは怖いです。

毎日のことですから!積み重ねがこわいことになります。しかも市販されている化粧品は原価0.5%以下です。

カラダにいいもの、環境にいいものがつくれるわけないですよね・・・。

私は日用品やスキンケアは環境にやさしく人間に有害なものを含まないニュースキンを愛用してます。

中身にお金かけてるし、とっても安いし安心してたっぷり使えます。

なんかもう、ブランドものには興味ないし、ナチュラルで、使って本当に心地いいのがいいですね。

いまだ30代にみられないのもそのおかげなのかも?(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/16

知らぬ間に蓄積する体内の有害物質に注意(その1)

ちょっと長いので、2回にわけて内容お送りします。

現代に生きる人間の体内には、知らぬ間に食事や排気ガス、又虫歯治療の材料等から、

水銀やカドミウムなどの有害金属(=有害ミネラル)や物質が入り込んでいます。これら

有害物質が体内に蓄積すると、アレルギー症状、体脂肪が燃えにくい、体が疲れやすい、

精神的にイライラする…等様々な体の不調の引き金になるとされます。

有害物質は、地球上のあらゆるものに含まれている為、どんなに注意していても体内に入

って来てしまいますが、本来身体に必要なもの以外は、尿や便として排泄されます・・・

が、排泄機能が衰えていると次第に蓄積され、身体にとって有害な毒素となってしまいます。

有害物質進入の経路

◎口から体内に入った場合
有害物質は、肝臓にある多くの代謝酵素によって90%が解毒分解され、血液循環により体内を巡り臓器等に到達する。が、有害物質の量が多いと蓄積され、特に臓器機能が未熟な乳幼児や肝機能が低下している人は注意が必要です。

◎呼吸と共に肺から入る場合
肝臓による解毒を受けず直接血液循環に入る為、口より危険なルートと言える。この為、ダイオキシン等の大気汚染は、多大な影響があります。

◎皮膚や粘膜から吸収する場合
血管やリンパ管に直接入り身体中に流れ、一部は皮下に残留し蓄積される。
このようにして有害物質は体内に次第に蓄積され、あるレベルに達すると表面化します。

有害金属の蓄積
近年、特に有害金属の蓄積が進んでいるが、中でも水銀、カドミウム、ヒ素、アルミニウ

ム、鉛等が挙げられます。

中でも水銀は、年を取る毎に蓄積される傾向があります。マグロ等近海の魚介類には、メチル

(有機)水銀が含まれ、基準値を超えて摂取すると消化管から90~100%吸収され、血液

にのって全身を巡り、胎盤を通して胎児に到達します。脳の発達の遅れ、目や耳の不自由

等の症状が出る可能性があり、厚労省は、妊婦等に摂取を控えるよう喚起しています。

又、歯の充填剤として利用される水銀合金のアマルガムも、アトピー性皮膚炎等の要因と

なっています。約300人の皮膚炎の患者(殆どが水銀に対してアレルギー反応がある)の歯

からアマルガムを取り除き、代替金属を詰めた所、1年後に約70%の患者に皮膚炎が改

善し、半数以上が完治したと言う報告もあります。

しかし現在も、日本ではアマルガムが歯の治療に使用されており、患者は銀と思って知ら

ない内にアマルガムの治療を受けている現状があり、確認して充分注意をしたいもの。

又、カドミウムは土壌や水田に存在。その土壌の米や野菜などを長年摂取したり、食物連

鎖を通し腎臓に蓄積し、腎機能や呼吸に障害が起きます。

鉛は、車の排気ガスと接触の多い職業ほど血中鉛濃度は高値を示し、タバコの影響も無

視できません。貧血、神経病あるいは脳疾患を引き起こします・・・

(明日に続く)

続きはではどんなものに有害物質が含まれているか、日常の心得はどうしたらよいかを

ご案内します~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/15

ちょっと息抜き:ヨガについて

昔からというか生まれつき、運動はとっても苦手な私で、運動という運動は3日坊主・・・でしたが、

ヨガはハマって毎日やっています。

世の中ヨガが非常にブームなようでどこもスタジオはいっぱいです。

ヨガについてのお問い合わせがいくつかありましたので、簡単にご紹介しますと、(深く言うと果てがないので)

ヨガは、柔軟運動やストレッチ+呼吸法っていったらよいのでしょうか、誰でも今すぐできます。

カラダが固い人は固いなりにほぐしていけばいいですし、きつすぎずゆるすぎずで毎日やるには

ちょうどよいです。

肩や腰を回すので、肩こりの方やウエストを絞りたい方、背中や腰に筋肉つけたい方にもおすすめ。

私もたまにスタジオに行ったりしていますが、週に1度の1時間半よりも、毎日の10分のほうが

効き目アリということで、ヨガのDVDを買って毎日それをみながらやっています!

とても楽しく、今では母も一緒になってやっている次第です。

ヨガもいろいろ種類があり、おおまかなジャンルにわけると、ベーシックなヨガ、パワーヨガ

(運動量の多いポーズばかりやる=ダイエットにも効果あり)、ホットヨガ(それらのヨガを室

温40度で汗だらだら流しながらやる)となります。

専門家にでもなるのでなければ、毎日ご自宅でDVDみながら、しかも忙しいときはお休みして・・・

というように気軽にやれば続くのでは。ジムに行くのが面倒でない方はもちろんジムにいって

なさったらよいかも。

私は運動不足のみが悩みの種でしたが、健康の3本柱(栄養、休養、適度な運動)の運動も

そろって今とっても調子がいいです。おなかもへっこんで!姿勢もよくなりました。

運動したいけど、あまり運動が得意でない・・という方には、ヨガ、お勧めです。

←自宅で簡単にできるヨガDVD.私は今ベーシックは卒業しパワーヨガ編やっています

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006/02/14

アガリクス(カワリハラタケ)を含む3製品の安全性に関する食品健康影響評価について

昨日2月13日に、アガリクスを含む安全性に関する、食品安全委員会への食品健康影響

評価についての結果が出されました。

結果、ラットへの発ガンプロモーション作用が認められた製品もあり、(認められた製品は自主回収)

当該製品の摂取を控えるよう注意喚起するとのこと。

詳しくは、

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/h0213-3.html

をごらんください。

アガリクス、健康にいいと思っていた方も多いのではないでしょうか。

| | コメント (4)

2006/02/13

頭のよくなる食育

最近よく頼まれるのが、「子供の頭のよくなる食育について」の勉強会、講師等。

子供の頭がよくなるという点から食事に非常に興味のお持ちのお母様方が多いようです。

頭のよくなる食事に関心が高いものの、びっくりするくらい食事情は変わってきていまして、

なんと夜ご飯にみんなでそろってマクドナルドとか、ファミレス、お昼のお弁当もお金を

持たせてコンビニ弁当とか・・・

あくまで悪い例ですが。これでは子供の糖尿、肥満が増えるのも無理はありません。

(もちろん食事に非常に気をつかっているお母様方もいらっしゃり、2極化しているようです)

食の脳に与える影響は非常に大きいです。

あなたの食事が脳細胞をつくっているのですから。

ビタミンやミネラルの欠乏が、「集中力のなさ」「キレル子供」はては「犯罪者」を生みだします。

(少年犯罪者のほぼ100%がビタミンミネラル不足とのデータもあるようです)

また子供だけでなく大人も、そういう栄養素の欠乏が、30代からの更年期障害、うつ、認知症、脳卒中、骨粗しょう症、・・・

なども引き起こします。

正しい知識を持ち、毎日3度の食事をきちんととっていきたいですね。

私が最も参考にしている食育の本は、『奇跡の脳をつくる食事とサプリメント』。

オリーブ油が記憶を守る、ブルーベリーで脳が若返る、DHA,EPAをとっている人はいつま

でも頭がいいなど脳に効く情報満載で、本当に勉強になります。

マルチビタミン、ミネラル、EPA、DHAなどのオメガ3脂肪酸(まさにLPとマリンオメガがあて

はまる・・・)が子供の知能を高めるなど、妊婦さんや子育て中のママさんにも必見の書。

 興味もたれた方はぜひ読んでみてくださいませ。出会ってよかったと感

じる本の一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つけたし;果物は・・・

kudamono_book2 問い合わせのあった「くだもののはたらき」の本について

 著  者 間苧谷 徹 ・ 田中 敬一
 出版社  日本園芸農業協同組合連合会(日園連)
      ISBN4-930788-00-5
 定 価  1300円(税、送料、振替手数料込)
 発行日 2005年7月

本屋さんでは手に入らないので、FAXにて出版社に直接ご注文下さい。

            FAX番号:03-5492-5430 (日本演芸農業共同組合連合会)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/11

果物は朝も金、昼も金、夜も金

「朝の果物は金」はよく知られるようになってきました。一方で、「果物を夜食べても良いですか?」

とか、「朝だけでは果物を十分な量を食べられないのですが?」との質問を受けるようになりました。

果物を夜食べると太るとの誤解があるようです。その理由として「果物はカロリーが高い」と書いてある

サイトがありますが誤りです。

果物は、野菜と同等です。この根拠は果物&健康NEWS第59回にあります(文献1)。

太るのは食べ過ぎが原因ですが、これにも誤解があります。短絡的に食べる量を減らせばよいと

朝食を抜く人がいますが、朝食を抜くことも太る原因です。

例えば、アメリカで499人を対象に1年間追跡調査した結果、朝食を摂取するかしないかは肥満と

密接に関連していることが分かりました。

いつも朝食を食べない人は朝食を定期的に食べている人より肥満のリスクが4.5倍も高いこと、

また、5回に1回以上朝食を抜く人は、毎日食べている人と比べて肥満のリスクが1.34倍高いことが

分かりました(文献2)。

さらに、この研究では食事を1日に3回以下の人と4回以上の人を比べたところ、4回以上

食べている人の方が肥満になるリスクが45%低いと報告しています。

この結果は、太らないためには朝食をきちんと食べることが大切なことを示しています。

また、朝食に果物・野菜を摂取すると肥満のリスクが低いことも別の研究から明らかになっています。

アメリカで4万人を対象とした疫学調査で、朝食に果物と野菜を食べている人は朝食を食べない人に

比べて肥満度を示す指標であるBMI(ボディ・マス・インデックス)値が低いことが分かりました(文献3)。

さらに、アメリカ・オレゴン健康・科学大学のチームが行った雌のアカゲザルの研究から夜食べる

ことと体重増加との間には直接的な関係はないことが明らかになりました(文献4)。

以上の結果から、太るのは、いつ食事をするかよりも、どれくらいの量を食べるかが問題である

ことを示しています。太らないためには、朝食を抜かず偏食することなく色々な食品を満遍なく

食べることが重要です。国民栄養調査などを見ると、日本人は食物繊維の摂取量が

不足しています。良質な食物繊維を豊富に持つ果物を朝にこだわることなく、昼でも夜でも

十分な量を毎日摂取することが大切です。果物は減量にも効果的なことが科学的に証明されて

いるので、果物の摂取は朝も金、昼も金、夜も金です。

・・・以上、農林水産省果樹花木課よりいただいた情報です。

私も以前はくだものは夜は土だと思ってましたが、夜も安心して食べることにします。

【文献】
1)果物&健康NEWS:果物と野菜のカロリーは同じって本当!? Vol.59
 http://www.kudamononet.com/Kudamono&Kenko/back_number/K&K_No59.html
 http://www.fruit.affrc.go.jp/announcements/kenkou/Volume/K&K_Vol_59.html
2) Mam Y., et al.: Association between Eating Patterns and Obesity in a Free-living
 US Adult Population. Am. J. Epidemiol.158: 85-92. (2003)
3) Cho, S., et al.: The Effect of Breakfast Type on Total Daily Energy Intake
 and Body Mass Index: Results from the Third National Health and Nutrition
 Examination Survey (NHANES III). J. amer. Coll. Nutr. 22: 296-302. (2003)
4) Sullivan, E.L., et al.: Evidence in Female Rhesus Monkeys (Macaca mulatta)
 that Nighttime Caloric Intake is not Associated with Weight Gain. Obes. Res.
 13: 2072-2080. (2005)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/02/10

号外:横浜市長とのランチ会

今日はちょっと話題に外れますが。

わたくしは横浜市長中田宏氏の「レディースの会」(の中のヤングレディース代表)に参加しており

今日は午前の市議会の傍聴、午後は中華街でのランチ会に参加してきました。

予想もできない事件が日々おきており、しかも政治家がらみの黒い話題もいっぱいある中で、

今後の日本はどうなるのだろう?と不安も感じずにはいられないのですが、

中田さんは若くして真剣に政治に取り組んでらして、いろいろ学ばせてもらっています。

060209_123903_2 日本や地球を守るために一人一人が小さなことからでいいから

 きをつけていきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/08

トマトのリコピンは前立腺のガンの発症をおさえる?!

意外と多いのが前立腺の疾患についての相談です。男性なら誰でも年をとるほどにそのリ

スクはあるのですが・・・また、丸元淑生さんの記事をご紹介します。
-----

世界中で何億もの人が作っている料理がある。もともとは南仏のプロバンス地方の料理だが、アフリカでも南米でも、非常に多くの人が作るようになったのだ。
 わが家でもよく作るその料理の名前はラタトゥイユ。
 この料理が世界中にそこまで広がったのは、簡単に作れておいしいからだろう。そして、食べて栄養的な充実感があるからだと私は思う。
 なす、ズッキーニ、玉ねぎ、にんにく、黄・赤ピーマン、じゃがいも、トマトなどが入る野菜シチューだが、欠かせないのがトマト。
 オリーブ油を加えるだけで、水を加えずに蒸し煮にするのがこの料理のおいしさの秘ケツなので汁を多く出すトマトが不可欠なのである。量もトマトを多く使う。
 こういう料理をよく食べている人は当然トマトを多く摂(と)ることになるけれども、それが健康によいことは科学的に証明されている。
 トマトの栄養的な特徴は、ファイトケミカルのひとつのカロテノイドの仲間のリコピンを全食品中で最も多く含んでいることだ。現在までに世界で行われた7つの研究のうち5つが、トマトを多く摂る食事は前立腺ガンの発病を低率に抑えることを強く示している。 そして、進行した深刻な前立腺ガンに対してもリコピンの抗腫瘍作用が明らかにされている。
 それはリコピンが前立腺の治療にも役立つ可能性を示唆しており、サプリメントでリコピンを補った研究も複数行われている。その研究結果でもリコピンが前立腺ガンの腫瘍の成長のスピードを遅らせ、また腫瘍を縮小させている。
 そうした研究で投与されているリコピンの量はどれくらいかというと、1日10~30ミリグラム。一方、生のトマト100グラム中に含まれているリコピンの量は約3ミリグラム、煮つめた状態では6ミリグラム。ラタトゥイユのような料理を食べれば、10ミリグラムは十分に摂れるわけである。
 これだけトマトに威力があるのならば、人間の知恵として、その威力を遺憾なく発揮させる料理が他にもあっていいように思われる。
 それこそは、ナポリタンの名で知られるナポリの伝統料理、トマト・ソースのスパゲッティだ。
 この料理の主材料は玉ねぎとトマトだが、伝統的なレシピでは、玉ねぎ1個に対して、トマトがなんと1キロ使われる。それが黄金比でおいしさのヒミツなのだ。
-----

リコピンは非常に強力な抗酸化物質で、βカロテンの2倍、ヴィタミンEのなんと100倍の抗酸化力があります。リコピンの効能としては、ガン、心臓病、高血圧、老化の予防があげられます。

私は残念ながらトマトが苦手なのでもっぱらライフパックに頼っていますが、意識して食事に取り入れていったらいいかも。ただしなかなか食材からは十分な量がとれないのでライフパックで補うのが確実と思われます。

vegetables 野菜いっぱい食べよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/07

長生きする条件

もし、長生きを望むなら、参考になるかも??という記事です。

慶應義塾大学医学部老年内科の広瀬信義部長は、100歳以上の“百寿者”を調査して、長生きの条件を探った。百寿者にはどんな傾向が見られるのか。広瀬部長に聞いた。

わが国百寿者の人数は、1970年ごろから徐々に増加し始め、2005年9月現在で2万5554人に達している。女性が男性の約4倍だ。慶応義塾大学医学部老年内科の広瀬信義部長らは、東京23区内の百寿者約1700人のうち302人を訪問調査(認知機能、身体所見、採血、遺伝子解析など)、211人をアンケート調査(病歴、生活歴、性格など)した。その結果から、百寿者には次のような傾向が見られたという。

●人に依存せず自分に肯定的
 男性は神経質で、体調の変化に気づいたら早めに医者に行く。依存心が少なく、一人でひょうひょうとやっていく“一匹狼”的タイプが多い。
 女性は活動的で社交性があるタイプ。依存心が少ない。面倒見が良くて、若いころ家族の世話をしてきた。
「男女ともに共通して言えるのは、自分の人生を肯定的にとらえていて、幸福感が高いことです」

●アディポネクチン濃度が高い
 アディポネクチンは、脂肪細胞から分泌されるタンパク質で、抗糖尿病作用、抗炎症作用、抗動脈硬化作用がある。
「百寿者の血中アディポネクチン濃度は、若年者(20代)の2倍ありました」
 アディポネクチン濃度の高いことが、長寿の鍵のひとつのようだ。

●糖尿病にならない
 百寿者のうち、糖尿病の人は、5%と少なかった。
「糖尿病になると心筋梗塞や腎不全で死ぬことが多い。40、50代から食事や運動に注意して、糖尿病にならないようにすることが長寿につながります」

●乳製品や果物を多くとる
 百寿者は野菜、果物、乳製品、穀類を多くとる人が目立ち、飲料や砂糖が多い若年者と対照的だった。その中でも乳製品や果物を多くとっている人は100歳からの生存期間が長かった。

●喫煙の害に対する防御因子を持つ?
 百寿者の喫煙率は男性で30%、女性で10%。やはり長生きするにはたばこは吸わない方がいい。
「ただし男性で30%喫煙者がいることから、長生きする喫煙者は喫煙の害に対する防御因子を持っているのではないかという推測も成り立ちます」

●動脈硬化が進んでいない
 頚動脈エコーで動脈硬化の罹患率を見ると、百寿者は60%だった。
「一般に動脈硬化の罹患率は、80代で60%、90代で80%とされています。百寿者の動脈硬化罹患率は80代と同じ。動脈硬化の進んでいる人は90~100歳で死んでしまうと推測できます。高脂血症、高血圧、糖尿病などにならないようにして、動脈硬化を起こさないようにすることが、長寿に通じるのです」

●認知症になりにくい
 百寿者の男性の3分の1、女性の5分の1は認知症がなかった。
「百寿者には、アルツハイマー型認知症になりにくい遺伝子(アポEのⅡ型)を持つ人が多いことがわかっています」

●血液型はB型が多い
 通常血液型は、A型が40%、O型が30%、B型が20%、AB型が10%とされている。
「百寿者ではA型が35%、O型が28%、B型が29%、AB型が8%で、B型が多いことがわかりました。なぜそうなのか理由はわかっていません」
 自分ではどうしようもないものもあるが、生活を変えることで満たせる条件もある。これらを頭に入れて元気な百寿者を目指そうではないか。

元気でころっと死ねるのが理想。晩年介護が必要になると本当につらいので、

そうならないように予防は若いうちから本当に大切です。

今日も、介護を職業としている方のお話を聞いたら、老人介護施設もピンからきりで、

ひどいところでは犬や猫よりもひどい扱いを受けているようなところもあると聞き、

ショックを受けました。私もそういう老人介護の現場を実際に見たりしていたので、

年をとっても最後まで、できるだけ人のお世話にならずに生きていけるよう努力して

いきたいなと思っていますし、またそういうお手伝いをしていきたいと思っています。

人間の体も若いうちからメンテナンスをしているかいないかで年をとったときに大きな差が

出ます。今健康だからなんにもしなくてもOKではなくて、食事や環境や毎日の階段の上り

下りなどの小さなことから気をつけていきたいですね。

060207_173001_2 あいちゃんが私に書いてくれたブタ。

 癒されます。

| | コメント (3)

2006/02/06

おススメ!石鍋さんのナチュラルヘルシーレストラン

美味しいものに目がないわたくしですが・・・

すっかりLOHASが定着し、体によくないものはあんまり~。しかもわたくし大食いなんですけど

毎日ヨガやってヘルシーに引き締まりつつあるので大食い改め、最近はナチュラルなレストラン

ばかり行っております。そこで最近のおススメは石鍋さんのヘルシーレストラン

BOBOS by QUEEN ALICE(ボボス バイ クイーンアリス)」

ここって品川のアトレ(つまり駅ビル)の中にあり駅から濡れずに徒歩30秒でいけて非常に便利、

しかも駅ビルなのになんだか超おしゃれな雰囲気です。

夜のヘルシーコースのメニューは4000円/5500円と驚くほどリーズナブルで、素材は全てオーガニック。

美味しくてヘルシー、満足かも。(ただしサービスはいまいちかもしれない・・・)

”BOBOS特製オーガニック野菜釜”5_a なんてオーガニックのお野菜をグリルしただけのにお塩をつけて

いただくんですけどこれが美味しい。

最近外食って本当に不安だからオーガニックなら安心していただけます。

(ちなみにオーガニックの基準は非常に厳しい。日本の有機野菜のようなあいまいな基準とは大違いです)

非常に行きやすい雰囲気なのでぜひ機会あったら行ってみてくださいませ。

BOBOS by QUEEN ALICE(ボボス バイ クイーンアリス)

電話番号: 03-6717-0931
住所: 港区港南2-18-1 アトレ品川4F
営業時間: 11:00~24:00(LO23:00)
定休日: 無休(アトレ品川の休館日に準ずる)
アクセス JR品川駅港南口直結、駅ビルアトレ品川内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医学博士による予防医学セミナー

なんと岡山大学付属病院麻酔科病棟医長であった金城医学博士、

そして東大医学部卒現役の富永光春ドクター、歯科医として活躍中でもある

小谷野純一ドクターによる予防医学の重要性と最新情報のセミナーが

開催されます。金城ドクターは非常にお忙しく講演も予約が殺到し中々聴けないので

貴重な機会です。ご興味ある方はメールくださいませ~。

日時:200648日(土)13 0016 30 
会場:ティアラ江東 東京都江東区住吉2-28-36
スピーカー:富永 光春 医師 ・ 金城 実 医学博士 ・ 小谷野 純一 歯科医師

チケット予約制です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/02/05

海の汚染を免れているのはイワシとサンマ

引き続き丸元さんの食に関する記事です。
-----

イワシは最もポピュラーな魚だが、実は非常に特殊な魚である。イワシの肛門は尾のすぐ近くについている。それは腸が異常に長いことを示しているけれども、他の魚と決定的に異なるのは魚を食べていないことである。
 魚の胃袋を裂くと、その魚よりも小さな魚の消化途中のものが入っているのが普通だが、イワシの腹を裂いても魚が出てくることはないのだ。では何を食べているのかというと、プランクトンを食べている。つまり、食物連鎖の底辺にいる魚なのである。
 いま世界中で使われている農薬などの環境汚染物質は、最終的には海に流れ込むので、海は地球規模で汚染が進行している。そして、汚染物質のほとんどは、脂溶性のため、食物連鎖によって巨大な魚とクジラやトドなどの海獣の脂肪組織に濃縮されていっている。
 まぐろの大トロの愛好者には悪いけれども、それを毎日食べるような人がいたら、自分自身がこの汚染した地球の食物連鎖の頂点に立つことになるのである。それでは短命に終わってもいたし方ないだろう。
 魚の脂肪は陸上動物の脂肪と異なり、EPAやDHAなどの、健康維持に不可欠なオメガ3脂肪酸を高率に含んでいるところに特長があるのだが、食物連鎖の底辺にいるイワシの脂肪は最も汚染から免れている。腹の中もきれいで全部食べられておいしく、非常に栄養がある。
 このイワシと同じく、尾の近くに肛門があるのがサンマである。サンマも食物連鎖の底辺にいて、プランクトンしか食べていない。イワシ同様、新鮮であれば腹の中もきれいで、筋肉だけでなく内臓をこそ食べるべき魚で、腸には独特の苦味があって美味である。 イワシにしても、サンマにしても、内臓に人間の体が求めている栄養があることは、食べていて実感できるほどだ。
 この二つの魚は最高のオメガ3源で、食べる回数が増えれば、それだけ栄養的に充実して病気を遠ざけることになるけれども、内臓を除いて身だけを油で揚げたような料理で食べると、栄養があまり摂れないだけでなく、過酸化脂質などの病気のリスクを高める物質を取り込むことになる。
 サンマは塩焼きにしてたっぷりの大根おろしで食べるのがよい。イワシは日本酒と醤油か、日本酒と塩で蒸し煮にするのがベストだ。
-----

魚の脂、不飽和脂肪酸(オメガ3脂肪酸)は血液をサラサラにしてくれますので、(植物油や動物脂のオメガ6脂肪酸は逆に血液をどろどろにします)たくさんとりたいところですが肉食の魚(まぐろなど)は汚染が気になります。いわしなら食物連鎖の下のほうなので、たくさん食べても安心かも・・・

それから、「週間ポスト」2月10日号問題摘出「食卓の危機」これも怖かったです~。もう、米国産牛肉と明太子とミートボール他絶対に食べられなくなりました・・・。

ぜひ立ち読みしてみてください。そのうちPDFファイルにしようと思っていますが。

| | コメント (2)

2006/02/04

"LOHASな生活"のススメ

さてLOHASとは、もうご存知の方も多いと存じますが、

「Lifestyles Of Health And Sustainability」

の略で、健康に気をつかいながら、同時に地球環境や
自然保護に気をつかうライフスタイルのこと。

いつまでも若々しく健康で人生をエンジョイしつつ、

社会に貢献し自然や地球に優しい生活をする。。

まさに私がめざしていきたいことです。

私が学び、実践してきたいろいろな情報や毎日感じたことを

お伝えしていきたいと思います~♪

| | コメント (0)

心臓病のリスクを避けるサプリ

心臓とビタミンに関する記事をみつけました~。参考にどうぞ。

*****
血中コレステロール値の高い人は、心臓病のリスクが高まることを誰もが知っている。
 心臓病の最初のサインは心臓発作だが、心臓病の基盤はその何十年も前から作られてきているものである。
 動脈にプラークと呼ばれる斑が出来て、長い年月の間に徐々に肥厚して動脈が硬化していくことが基盤になるのだから、それを一挙に解決できるような薬はない。
 解決策は食事を含めてライフスタイルを変えていく以外にないけれども今すぐにやれることが一つある。サプリメントでビタミンEを摂ることだ。
 血中コレステロールの値の平均値が同じレベルの人を血中ビタミンE値の違いで8群に分けて、心臓病のリスクを追跡調査した研究がある。
 その結果は、血中ビタミンE値の最も低い群が最も多く心臓病になっている。そして、血中ビタミンE値の最も高い群は心臓病になる人が最も少なかった。
 血中コレステロール値の高い人でも、ビタミンEを十分に摂っているとそれだけ心臓病のリスクが下がるのだ。
 このビタミンEのもたらす恩恵を明確に証明したのが、研究者の間ではCHAOSの異称でよく知られているケンブリッジ・ハート・アンチオキシダント・スタディである。
 心臓病と診断された患者2002人を対象に、二重盲検法で行われた研究で、1群の患者にはビタミンEのサプリメントが、対照群の患者にはニセ薬が与えられた。
 研究は510日間つづけられ、その間に心臓発作を起こした患者の数はビタミンEを与えられた群は、対照群よりも77%も少なかった。
 あまりにも大きな差が出たので、ケンブリッジ大の研究者たちは、それ以上比較をつづける必要はないとして、全員の患者にビタミンEを与える決断を下している。 アンチオキシダントは訳すと抗酸化物質。毎日摂る必要のある必須栄養素のビタミンEは強力な抗酸化物質である。
 われわれの体の細胞を包んでいる細胞膜は脂質で構成されているが、ビタミンEは脂溶性なので全身の細胞の細胞膜の中に入って、細胞が酸化するのを防ぐ。

この重要な栄養素は無精製の穀類や種、ナッツに多く含まれているけれども、現代人の食事ではあまり摂れない
 サプリメントでの摂取が勧められている量は、1日400ミリグラムである。

★まるもと・よしお 1934年、大分県生まれ。東京大学文学部仏文科卒。作家、栄養学ジャーナリスト、料理研究家
*****

ビタミンやミネラルが病気を予防する、という栄養の重要性をいち早く
日本に紹介した丸元さんの記事です。
心臓に必要な酵素としてCoQ10も重要です。食事からの摂取が難しく
サプリメントで補う
必要がありますが、
CoQ10はミネラル以上に吸収されにくく、市販のサプリメントはほとんど
身体に吸収されないレベルのものばかりなんですよね。。
サプリメントをとる際には、安全性と効果の両方がデータにより
立証されているものをチョイスしましょう。
私のお勧めはやはりファーマネックスのLP、マリンオメガとCoQ10
ですね~。

| | コメント (0)

トップページ | 2006年3月 »